お月さまになりたい。

hudukiyumi.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

現代詩手帖に詩/文學界に書評/東京新聞・詩の月評/読売NAVI/キャンパスナウ/早稲田ウィークリー・インタビュー/毎日新聞取材

d0101676_01293582.jpg
あらかじめ壊すと決めて、こんなにも創ったの。

◎執筆関連

「現代詩手帖」2014年1月号〈現代日本詩集2014〉
詩「ふしだらな計画」を執筆しました。


宇宙をめぐる死と永遠の物語に挑戦しています。

卒論で扱った作品の主題が輪廻転生だったこともあり、
日本人の再生観って、すごく面白いなと思っていて。
どうやら詩にも響いているみたい。
同誌の特集〈現代日本詩集2014〉は、52人の詩人による作品の競演を堪能できます。

***

「文學界」2014年2月号にて
よしもとばなな著『花のベッドでひるねして』(毎日新聞社)
書評「まなざしの循環」を執筆しています。


ひとりのみなしごと、神聖な力に守られた土地と家族、そして〈神様〉に出会う物語です。
信仰のような家族関係と名前の力について、少し挑戦的に論じてみました。
主人公と、それを見守る人々の言動に芯の強さを感じます。

***

【連載】東京新聞夕刊にて1年間
詩の月評を担当することになりました。
(毎月第1 or 第2土曜日に掲載されます)
d0101676_00445980.jpg
初回(1月4日掲載)は、
・フリーペーパー「権力の犬」1号(久谷雉氏による「創刊の辞」を引用)
・昨年12月に開かれた「貘展」(東京杉並区・書肆サイコロ)
・吉増剛造展「怪物君」(札幌市北区・テンポラリースペース)を紹介しました。
どれも新しい今の“詩”の在り方です。

言わずもがな、月評を担当するには文月は未だ経験不足です(中堅以上の方が通例)。
きっかけは、ミスiD(ポエドル)の活動を取材していただいたこと。
挑戦する気持ちを汲んでいただけたのかなと(驚く半面)嬉しく思いました。
今まで以上にアンテナ張って、詩と生活を共にしたいです。覚悟を決めて。

***

1月11日(土)読売新聞夕刊NAVI&naviにて
グレース・マクリーン著
堀川志野舞訳『わたしが降らせた雪』(早川書房)
 詩・谷川俊太郎 絵・望月通陽
せんはうたう』(ゆめある舎)を紹介いたしました。


テーマが〈新〉だったので、今の自分に新鮮な感覚を与えてくれた本を選びました。

『わたしが降らせた雪』は昨年読んだ物語の中で一番衝撃を受けたもの。
札幌の実家で雪に閉じ込められながら読みました。
ささやかな(でも確かな)救いがあるから、最後のページまで手繰ってほしい。

『せんはうたう』は箱入りの装丁も美しい、大切な人に贈りたくなるような一冊。
谷川さんの詩も、望月さんの絵も、感情を規定しないところが本当に素晴らしい。
一見無表情な絵の顔、詩の言葉に、読み手の心が映るようです。

***

エッセイ「早稲田で出会ったもの」を執筆しました。

在学中の吉田隼人さん(角川短歌賞受賞)、
阿部智里さん(松本清張賞受賞)と共に掲載されています。
作家の重松清さん、角田光代さんのインタヴューも読むことができます。

●キャンパスナウ2013 錦秋号 通号208号

◎取材記事

1月6日発行「早稲田ウィークリー」
インタビューが掲載されました。

Nコンや早稲田短歌会の話題を中心にお話ししています。
大学生活のことが載るのは新鮮。少しくすぐったい気持ちです。

●ぴーぷる 今最も注目される若手詩人の一人 風景のようになじむ言葉を紡ぎたい

***

毎日新聞大阪版1月23日(木)夕刊にて、
1月11日に京都・恵文社一乗寺店で行った
ワンマン朗読会の取材記事が掲載されました。

丁寧に紹介してくださった記者の清水さん、ありがとうございました。
お客さんとたくさんお話しできて、胸一杯だったなあ。ご来場くださった皆さまへ感謝。

●「立体化」した言葉楽しんで 詩人の文月さん-毎日新聞
(上記のtwitterのリンクから飛ぶと、記事の全文を読めます)

***

『WORLD POETRY almanac 2012』
(世界現代詩年鑑)に掲載されました。

詩「天井観測」「骨の呼吸」の英訳は管梓さんにお願いしました。

d0101676_01125225.jpg

199年生まれになっている笑。不老不死…?

日本の詩人は他に谷川俊太郎さん、井坂洋子さん、平田俊子さん、
多和田葉子さん、宇佐美孝二さん、暁方ミセイさん。多彩な顔ぶれに加わることができて嬉しい。

***



【雑記】今このときではないけれど
[PR]
by moonpower0723 | 2014-01-29 01:54 | 詩の仕事

新年のご挨拶/1月11日 京都恵文社・ワンマン/26日堂園昌彦さんトーク/森俊博さん個展/tokone動画出演/堀本裕樹さん十七音の夜ゲスト

d0101676_03330823.jpg
新年明けましておめでとうございます!

北海道新聞を取っている方は、
元日にインタビューが掲載されていたのをご覧くださったでしょうか。
去年の印象に残った活動、大学進学後のこと、今年の抱負をストレートにお話ししました。
読んでくれた地元(札幌)の同級生から久々に連絡をもらって、個人的にも嬉しい出来事でした。

昨年は新しいことに挑戦した一年でした。
出演映画『あるいは佐々木ユキ』(福間健二監督)公開にはじまり、
叡山電車で朗読→Nコン課題曲作詞→事務所に所属→ことばのシャツ展企画→花椿に詩、紙袋ガール参加→ミスiD参戦→第2詩集『屋根よりも深々と』刊行→J-WAVE朗読開始→「辞書のほん」に小説初掲載→女子力コンプレックス企画→ダンサーとのコラボ公演→シブカル祭で吉澤嘉代子さんとコラボ→ミスiDお披露目イベント→しずおか連詩の参加…。
誕生日前には松山へ一人旅もしたっけ。。卒論(文学研究)に奔走したのも忘れ難い。
ほんとうに沢山の方々にお世話になりました!

願い続けていれば、、行動すれば、、実現できるんだ。
そんな確かな自信もついたようです。

2014年がどうなっていくのか、文月はどこへ向かうのか……
まだまだ見えないけれど、不安は尽きないけれど、今を決めつけたくはありません。
人との出会い、チャンスの有無は、巡り合わせ次第。
どこへ行っても、誰と出会っても、全力で詩を書き続けよう。
それが私の芯です。

本年もよろしくお願いいたします。

***

イベント・番組の出演情報をまとめてお届けします。

【今週末です! 京都付近にお住まいの方へ】
1月11日(土)18時より、
京都・恵文社一乗寺店にてワンマンショーを開催します。

京都でのひとりの朗読会は初めて!
詩の朗読、ワークショップ、トークなど、盛りだくさんの内容です。
2014年の始まりに詩に親しんでみる、というのはいかがでしょう◎
お気軽にいらしてくださいね。

日時:2014年1月11日(土) open17:30  start18:00  
料金:1500円
場所:恵文社一乗寺店 COTAGE(京都市左京区一乗寺払殿町10 恵文社一乗寺店 南側)
—-
お申し込み
ignition.gallery@gmail.com
件名を「文月悠光のワンマン」として、お名前(ふりがな)・ご連絡先・ご予約人数を明記の上、
メールをお送りください。

***

1月26日(日)15時より下北沢の書店・B&Bにて
歌人の堂園昌彦さんとトークイベントを行います。

堂園昌彦×文月悠光 
【短歌と詩が交わる午後】
『やがて秋茄子へと到る』(港の人)刊行記念トーク
『やがて秋茄子へと到る』(港の人)は、新鋭歌人、堂園昌彦さんの第1歌集。
歌人が19歳から29歳までに歌った195首を収めたこの歌集では、日常のなかにひそむ美しさが静かに歌われ、その繊細な美しさが、刊行直後からさまざまな反響を呼んでいます。
本歌集の刊行を記念して、著者の堂園昌彦さんと、詩人の文月悠光さんとのトークイベントを開催します。
いま最も人気のふたりの歌人・詩人をお招きし、『やがて秋茄子へと到る』という歌集の魅力や短歌のおもしろさについてじっくりと語っていただきます。おふたりによる朗読コラボレーションもどうぞお楽しみに。
開催日時 _ 1月26日(日)15:00~17:00 (14:30開場)
場所 _ 本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
入場料 _ 1500yen + 1 drink order
●イベント詳細・ご予約


***

イラストレーター・森俊博さんの個展『20140104』
1/4(土)-1/8(水)下北沢communeにて開催。
「ゆるされた街で」という作品に詩を寄せています。

瞳は見ることをやめて
誰も彼もをあとにして
まぶたに包まれるだけ。

上記の詩に、森さんが絵を描き下ろしています。
詩のイメージと溶け合った素敵なイラストが生まれました。
本日まで開催中です。ぜひ足を運んでみてくださいね!

d0101676_03402181.jpg
森俊博 個展『 20140104 』
1/4(土)-1/8(水)14:00-20:00
gallery/cafe/shop commune www.ccommunee.com
155-0033 東京都世田谷区代田5-28-3 1F


【追記】展示の写真がこちらにまとまっています!

***

参加中のタイツブランドtokoneのPR動画
趙燁(ちょう・ひかる)さんと出演しています。

リアルなボディペイントが話題のアーティスト・趙燁(ちょう・ひかる)さんとの共演です。



文月の詩が入った原稿用詩タイツを趙さんが着用し、
趙さんデザインのフラミンギョタイツを文月が着用しています。
1年前(2012年12月)に撮影した時は、まだ21歳。趙さんは19歳でした。

スタイリングはtokoneプロデューサーの菅井葉月さん、音楽は沼尾妙子(タエナル)さんが担当しています。

***

FXDDpresents「堀本裕樹十七音の夜」(世田谷FM)
2013/11/27、12/4放送の回にゲスト出演いたしました。

「堀本裕樹 十七音の夜」は、俳人の堀本裕樹さんがパーソナリティーを務めるラジオ番組。
ゲストの作品、創作にまつわるエピソードを語りあいます。
FM世田谷(83.4MHz)にて、毎週(水)22時より放送中。
d0101676_07221913.jpg

↑↑収録後に撮影した一枚です。拙著『屋根よりも深々と』と共に。

下記のページよりストリーミングで音声を聴くことができます。

***

J-WAVE(東京のFMラジオ 周波数81.3MHz)
毎週(月)朝6:55頃、書き下ろしの詩を朗読しています。

昨年9月より開始した〈Short Trip〉。2014年も続行が決定しました!!

東京にお住まいの方なら、別所哲也さんナビゲートのこの番組、
一度はお聴きになったことがあるのでは、と思います。
(月)朝6:55頃からの〈Short Trip〉では、その時々の季節を感じる詩を朗読しています。
東京の各所で採集した〈音〉を素材に書き下ろしてきました。
下記リンク先の動画から、素材の音+朗読を聴くことができます。

●浅草のにぎわい
●上野公園の鐘の音

2014年からは、頂いたテーマ(言葉)から詩を執筆→朗読+音という形式になりました。
詩の朗読と音楽のコラボレーションをお楽しみください^^

 


【雑記】末吉的平穏
[PR]
by moonpower0723 | 2014-01-08 03:05 | 詩の仕事
line

文学少女は詩人をめざす


by moonpower0723
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite