<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

d0101676_02594265.jpg
開催から2ヶ月以上経っちゃったけど…!
10月27日(日)東京ジョイポリスで行われた
ミスiD2014お披露目イベントについて、ご報告します。

d0101676_02565068.jpg

◎ミスiD2014や受賞者の詳細は下記をご参照ください。
◎個人賞(柚木麻子賞)をいただくまで

d0101676_06313274.jpg

10月27日(日)東京ジョイポリスで行われた、ミスiD2014お披露目イベント。
受賞者の記者会見、ファイナリストたちによる出し物、握手会、、と盛りだくさんの内容でした。

この日のために制作した冊子『ミスiD2014詩集』。
d0101676_06292534.jpg
8月のファイナリスト期間中に制作・WEB公開した「ミスiDファイナリスト詩集」を、
冊子『ミスiD2014詩集』として再編集し、握手会にてご希望の方に配布いたしました。
ミスiDファイナリスト34名一人一人に宛てて、詩を書き下ろした手製冊子です。
編集・製本:文月悠光(笑)

詩集のみならず、各候補者と詩に対する解説やエッセイ、選評のまとめも掲載。

d0101676_06301589.jpg
d0101676_06302581.jpg

詩集の中身はこんな感じでした。

(握手会に300人以上の方がいらっしゃるとは露知らず、30部ほどしかご用意できず…。
お渡しできなかった方、申し訳ありませんでした><
実は10月開催の一部イベントでは1冊200円で販売を行いました。
今後も販売のチャンスがあればと思います)。

イベントの個人出し物では、
ミスiD受賞・ゆるドルの寺嶋由芙さんに宛てた詩をBGMと共に朗読。

「心をいつも動かしていたいの」
この駅のホームに立つのは今日で最後。
彼女は振り返ることなく飛び乗った。
各駅停車で
会いに行きたい人がいるから。
……とそこへ、寺嶋由芙さんご本人がステージに登場し、
詩をしっとりと歌い上げてくれました。

歌を寺嶋由芙さん、
作曲・細川唯さん(明日のアイドルの話をしよう賞)、
作詞・文月悠光のコラボレーションのステージとなりました。
(記録写真が手元にないのが、とっても残念…)

寺嶋由芙さんに歌を、細川唯さんに作曲をお願いしたのは、イベントの4日前。
詩の儚さと強さが詰まった素敵な一曲ができました。
前夜に届いた曲をぶっつけ本番で歌うなんて物凄いプレッシャーだろうに、
不安な表情を一度も見せなかった由芙さん。私が奮い立たされたました。。
感無量の思いで、舞台袖に戻ってから抱きしめてしまいました。ゆっふぃー><

女の子に自分の詩を歌ってもらうこと…温めていた企画を実現でき、心底嬉しかったです!
由芙さんが歌いだしたときの、お客さんの目の輝きが忘れられません。
「これがアイドルの存在感なんだ!」と圧倒されました。
時間のない中で頑張ってくれた二人、ありがとう。
突然の出し物企画に対応してくださったスタッフの皆さんにも感謝です。

細川唯さんによるセルフカバーの歌声も温かくて大好きです
(細川さんは毎晩、動画「細川唯の夕食」をyoutubeにアップしています)。



それぞれのホームがあって、会いたい人を目指していく。
そのような詩、そのような一曲に生まれ変わったようです。

握手会、並んでくださったお一人お一人を受けとめようと、
「はじめまして」の気持ちを手のひらに込めました。
見送りの笑顔が目に焼きついています。
(※バリウム飲み之介さんが
こちらのページで、一人一人の握手のご感想を記されています)

プレゼントやお手紙もありがとうございました!
一部は写真に撮ってこちらに。

当日、なぜか自分では一枚も写真を撮りませんでした
(twitterでも後日反省した通り、要らないネガティブに迷い込んでいたせいでしょうか…)。

それでも、沢山の女の子たちとお話しし、声をかけてもらいました。
特に印象的だったのは、ミスiD受賞・スウィートパワー所属の本宮初芽ちゃんでしょうか。
素でアニメオタクという彼女。美しすぎる容姿とオタク語りのギャップに心打たれました。。
こんなこと言っていたけれど、またいつか奇跡的にお会いできたらな…と思います。

終了後、楽屋でシンガーソングライターの大森靖子さん、
イラストレーターの岸田メルさんとお話ししました。
記念撮影をお願いすればよかったかな、と少し反省したけれど
記憶に深く刻んだから、ひとまず後悔はありません。
その時にしか出会えない人と、言葉を交わせただけで胸がいっぱいでした。

***

d0101676_07273236.jpg

イベント終了後、アマテラス特別賞受賞・荒野もゆさんとツーショット。
これが、唯一の個人的撮影でした。
「撮ろうよ~♪」って声をかけてくれたもゆさんの優しさ。。泣ける。。

そういえば、もゆさんとは、9月28日(土)に池袋のカフェでランチデートしましたよ♪
d0101676_06460747.jpg
スタバで似顔絵たくさん描いてくれました。

d0101676_08314015.jpg

スマホに代用機シール…、
修理魔の私は代用器に慣れっこなんですが、、シュールみたいです。
出かける前に自撮っていたのが出てきたので貼っておきます。このチェックのワンピース好き。

d0101676_01364136.jpg

10月18日(金)には、原宿にてミスiDの子たちとお疲れさま会。
キッチン付きのスペースを借りて、パーティー風に。
d0101676_06505641.jpg
シブカル祭のオープニングで角をもらったので、つけたまま直行しました。
可愛い女の子たちの手料理で満腹。しあわせ。

細川唯レシピの海老餃子をみんなで包みます。
時計回りに、木村仁美さん、もゆさん、私、稲村亜美ちゃん。
d0101676_08345073.jpg

またも代用機…むにゃむにゃ。
d0101676_06464540.jpg

***

d0101676_08053407.jpg

5月に恐る恐る応募してから、お披露目イベントまでの5ヶ月間、、
ミスiD2014を通じて沢山の方々に出会うことができました。
オーディションを通じて経験した、今までにない歓び、悔しさ。
傷ついたこと、奮い立たされたこと、飛び跳ねて喜んだり、思わず泣いたり、、
どれもかけがえのない経験です。
ミスiD挑戦は、思うようにいかなかった青春へのリベンジの意味もあったのかなー。
この経験は、今後も私を救ってくれると確信しています。

可愛い女の子たちと詩を通じて戯れることができたこと(女の子だいすき)、
こんな自分を応援してくれたり、興味を持ってくれる方々に出会えたことが
何より心強く、嬉しいことでした。

改めて、
ミスiDを応援してくださった皆さま、ありがとうございました!


***
 


イベントデータ
[PR]
by moonpower0723 | 2013-12-31 07:48 | わたし
d0101676_23223754.jpeg

おとといの言いわけは
ティッシュにくるまれて
コートの右ポケットからこぼれ落ちた。


photo harumi ikeda (humming)
hair&make michio izutsu
styling mie igarashi


12月6日(金)- 12月15日(日)
デザイナーの大谷有紀さんの展示に、
詩「冬の引き出し」、一行詩を寄せています。

2e 大谷有紀 × GASA* - 冬の引き出し -

デザインユニット「2e」やファッションブランド”Ki Noe”などを手がける、
デザイナーの大谷有紀さんが"GASA*"とコラボレート。
大谷さんのオリジナルテキスタイルを用いた洋服や、
レースやパールなど様々な素材を合わせたアクセサリーを販売。
冬の宝物をのぞくようなスペシャルな9日間です。
文月悠光による、書き下ろしの詩とのコラボレーションもお楽しみください。
わら半紙に刷った詩を配布予定です(部数限定)。ご希望の方はお早めに。

■DATA  2013年12月6日(金)- 12月15日(日)  会期中休 9日(月)
■PLACE  GASA*SHOP白金台 東京都港区白金台3-18-5 / 03-3443-9895
■OPEN  12:00 – 20:00

大谷有紀(おおたに・ゆき)
デザイナー。東京藝術大学にてデザインを学び、2007年修士課程修了。
在学中よりデザインユニット「2e」(ニイー)として活動。
著書に「ペーパー・シンドローム」(ピエ・ブックス)。
現在、資生堂宣伝制作部に勤務。2013年より、武蔵野美術大学非常勤講師。

GASA*(ガサ*)
1994年より、デザイナー五十嵐三恵と松谷正晃によりスタートした洋服のブランド。gasa.co.jp

d0101676_00102772.png

↑↑DMより詩「冬の引き出し」の抜粋。詩の続きは展示にて読むことができます…!

***

大谷有紀さんが編集長・ADの雑誌『VACANCES』
連載詩〈背伸びの感じ〉を執筆しています。
d0101676_00115290.png
連載〈背伸びの感じ〉では、毎回一つの装身具をモチーフに、大人の女性を描いていきます。
発売中の2号は〈グローブ〉の女性像を、詩「祈りの羽ばたき」で表現しました。
おいたまいさんの挿絵と共に掲載されています。

雑誌『VACANCES』は2月・6月・10月の年3回発行。
サングラス、グローブ、スカーフ…「ひとつの装飾品から広がる旅」をテーマにした
非日常の記憶をよびさますようなファッションフォトを中心軸とした雑誌です。

◎ネットからのご購入は2eのウェブショップからどうぞ。
Lamp harajukuさんなどでもお取り扱い中だそうです。
最新情報はFacebookページをご確認ください。

***

◎掲載情報

雑誌「mille」no.0に
詩「レモンの涙」を書き下ろしました。

テーマの「レモン」と、セレクトした富田彩子さんの写真を題材に書いた一篇です。
誌上のコラボレーション、デザインのお力もあり、
とっても綺麗に仕上がっています。是非ご覧いただきたいです。

PHPスペシャル増刊 mille (ミル) 2013年 12月号 [雑誌]

PHP研究所

全ページカラーに加え、
宇野亜喜良×穂村弘、東直子、魚喃キリコ、
内藤 礼×川内倫子などの豪華な執筆陣(大好きな方々ばかり…)、

最近会う人会う人にmilleのことを話しているのですが笑、
これで1000円という価格は大変お得です…! 

「mille」の新鮮なデザインは、一冊丸ごと今垣知沙子さんによるもの!
読み物ごとに雰囲気の異なるレイアウトを楽しめます。
d0101676_954178.jpg
↑↑同じく今垣さん装丁の拙詩集『屋根よりも深々と』と勝手に並べてみました´`*

***

詩誌「びーぐる」第21号
〈特集 新鋭気鋭の詩人たち〉に、
詩「風葬」を寄稿しています

〈対論・この詩集を読め〉では細見和之さん、山田兼士さんが
拙詩集『屋根よりも深々と』を9ページに渡り論じてくださいました。
仔細にわたる分析で、詩の言葉を鋭く掘り起こされていくようでした。

屋根よりも深々と

文月 悠光 / 思潮社


びーぐる詳細⇒http://homepage2.nifty.com/yamadakenji/1beagle.htm
第21号目次⇒http://homepage2.nifty.com/yamadakenji/beagle21mokuji.jpg

全国各地の紀伊国屋書店、ジュンク堂、リブロ等の大型書店(全150店舗)で販売中。
またメール(澪標matsumura@miotsukushi.co.jp)でのご注文も可能です。

***

歌誌「つばさ」第12号特集〈ガールズ・ポエトリーの現在〉に、
詩「真夜中の学習」と、ブリングルさん寄稿作品への
小論「再生する〈孤〉のしたたかさ」を執筆しました。

ブリングルさんの詩「順繰りに孤独を」に対する小論、自分なりのテクスト論を書いたつもりです。
作者への具体的なエピソードなり、メッセージの方が喜ばれる場なのだと思いますが、
少しでも面白がっていただけたら幸いです。

同特集には小川楓子さん、神野紗希さん、御中虫さん、
杉田菜穂さん、小島なおさん、野口あや子さん、平岡直子さんも寄稿しています。
エッセイを読み比べてみても面白いです。
女性の詠み手から目が離せません…!

***

「現代詩手帖」12月号現代詩年鑑2014に
〈今年度の収穫アンケート〉回答、
2013年代表詩選150に、
作品「大きく産んであげるね、地球」が掲載されています。

毎年のことながら、
全472ページ(しかも2・3段組)の分厚さが只事ではない。。
この一冊で、2013年の詩歌の動向を探ることができます。2900円安い。

同誌では、TOLTAの山田亮太さんが
「文月悠光と最果タヒと永澤康太と福岡ポエイチと田中功起のこと」という文章の中で、
ここ一年の文月の活動に触れてくださっています。
特にミスiD2014オーディションでの活動について率直に評してくださいました。
まさか現代詩手帖でミスiDのことを取り上げてもらえるとは思わず、とても驚きました。

活動やスタンス、目標もそれぞれ異なる詩人たち。
直接手を結ぶことはないけれど、同じ時代に生きている限り
何かしらの影響を受け、不思議な共通項を持つこともある。
同時代の人の活動を目に焼きつけること、それを紹介していくこと。
見届けてくれる人がいるというのは、それだけで嬉しいことだし頑張れます。
山田さんの文章を拝読して
「まず誰かを見届ける目を育てたい」と心底思いました。ありがとうございました。

吉増剛造さん+瀬尾育生さん+佐藤雄一さんの展望鼎談や
小川三郎さんによる新鋭詩集展望にて、
拙詩集『屋根よりも深々と』の評を読むことができます。

アンケートの回答(拙くてすみません)を今年も記事の終わりに載せておきますね
(トップページからご覧の方は、
下記の〈抱いて君を罰する。…〉のリンクをクリック、です)。


抱いて君を罰する。/詩手帖アンケート
[PR]
by moonpower0723 | 2013-12-06 00:48 | 詩の仕事

文学少女は詩人をめざす


by moonpower0723