「ほっ」と。キャンペーン

お月さまになりたい。

hudukiyumi.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

tokoneのタイツ/詩手帖年鑑アンケート/『冬の本』エッセイ/『あるいは佐々木ユキ』1月ロードショー

d0101676_23204040.jpg

死ぬときだって、実況中継できる。

ラボタイツのブランドtokoneに参加いたしました。

関わらせていただいたのは、3つのタイツです。まずはこちら。
d0101676_002620.jpg

原稿用詩

原稿用紙の柄に、書き下ろしの詩が入ったデザインです。

商品説明の文章も書かせていただきました。↓
見てきたような嘘が大好き。
あの頃のわたしも、今のわたしも
ほんものだったようです。

これは、脚にまとう詩集です。
ただし、この詩集の原稿には、たくさんの余白があります。
あなたは余白を許しますか? 余白に何を書き込みますか?
余白を埋めるのは、あなたの歩みとたたずまい。
それこそが、あなたのいとしい詩となるのです。
原稿用紙のマス目を脱して、ひとり躍り出て、
あなたは駆ける、跳ねる、立ち尽くす、愛する。
すべらかに、ひっそりと、きりり、しゃんとして。
あなたの詩は、どこにでも歩いて行ける。

かかと と かかとを合わせて、戦闘待機。


詩のテキストを、原稿用紙のデザインに組んでくださったのは
tokoneの代表の菅井葉月さん。
詩を「かわいい」フィールドへ連れてきてくださり、本当に感謝です。

原稿用詩の初回分ご予約は既に埋まってしまい、
現在、次回入荷分の予約を承っております。お届けは1月下旬です。お早めにどうぞ。。

イラストレーターのmiccaさんとのコラボレーションも実現しました!
高校時代から大好きだったmiccaさんのイラストと、脚の上でコラボできるなんて。。

d0101676_045089.jpg

詩と女

d0101676_063450.jpg

ribon

肌の上を文字が這っている感覚、とても不思議です。
生きた詩はここにあったか、と。
履いていると、堂々と歩いている自分に気がづきます。
まとうもので、人の気質って変わるのだなあ。

イラストレーターの須川まきこさん「深夜の森」、 
ボディペイントが話題の趙燁(チョウ ヒカル)さん「フラミンギョ」など、
tokoneには、他にも素敵なタイツがたくさん。驚きと発見に満ちていますよ。

→詳細はtokoneのサイトにて。

また、フェイスブックでtokoneの写真アルバム(文月関連のみですが汗)を作りました。
ぜひご覧になってみてください。

恥ずかしながら、イメージ写真にも登場しています。。
カメラマンの福田昌裕さんにきれいに撮っていただきました^^; ありがとうございました。


***

現代詩手帖 2012年 12月号 [雑誌]

思潮社



「現代詩手帖」12月号年鑑に、今年度の収穫アンケート、
2012年代表詩選に、作品「はじまる」が掲載されています。


「はじまる」は「遠来」4号(4月刊行)に寄稿したものの再掲です。
アンケートの回答は、記事内に載せておきます
(見えない方は、記事末尾のリンクをクリック)。

***

『冬の本』(夏葉社)にエッセイを寄稿しました。

作家、翻訳家、音楽家など、様々なジャンルの方が「冬の本」をテーマにエッセイを書いています。
執筆者は84人。角田光代さん、柴田元幸さん、穂村弘さん、町田康さんも執筆されています。
詩人では、伊藤比呂美さん、平田俊子さん、蜂飼耳さん。
個人的には、歌人の石川美南さん、児童文学作家の岩瀬成子さん、
写真家の武田花さんのエッセイも気になります。。

冬の本

天野祐吉 / 夏葉社


装丁 和田誠
本体 1800円+税  四六版変形 ハードカヴァー/200頁
夏葉社さんから12月中旬に刊行されます。

執筆者(敬称略):青山南、秋葉直哉、淺野卓夫、天野祐吉、安西水丸、いがらしみきお、池内紀、池内了、石川美南、井嶋ナギ、伊藤比呂美、伊藤礼、井上理津子、岩瀬成子、上原隆、宇田智子、内堀弘、大竹昭子、大竹聡、大谷能生、岡尾美代子、岡崎武志、荻原魚雷、角田光代、片岡義男、木内昇、北澤夏音、北沢街子、北村薫、北村知之、久住昌之、小林エリカ、越川道夫、小西康陽、近藤雄生、佐伯一麦、柴田元幸、杉江由次、杉田比呂美、鈴木慶一、鈴木卓爾、鈴木理策、曽我部恵一、高橋靖子、高山なおみ、田口史人、竹熊健太郎、武田花、田尻久子、田中美穂、丹治史彦、友部正人、直枝政広、長崎訓子、名久井直子、能町みね子、橋口幸子、蜂飼耳、服部文祥、浜田真理子、早川義夫、平田俊子、平松洋子、文月悠光、穂村弘、堀込高樹、堀部篤史、ホンマタカシ、前野健太、万城目学、又吉直樹、松浦寿輝、町田康、南博、森山裕之、安田謙一、柳下美恵、山崎ナオコーラ、山下賢二、山田太一、山本善行、吉澤美香、吉田篤弘、吉本由美

大好きな1冊を紹介できて、幸せでした。
詳細はこちらでチェックしてみてください。

***

間健二監督の新作映画『あるいは佐々木ユキ』
2013年1月12日よりポレポレ東中野にてロードショーです。


福間健二さんは、詩集『青い家』で萩原朔太郎賞と藤村記念歴程賞を受賞された詩人さんで、
首都大学の教授をされています。
『あるいは佐々木ユキ』、恥ずかしながら文月も出演しております。。
2年前、福間さんの国立のワークショップにお招きいただくなど、
交流があり、その中で決まった出演でした。



先日、試写会に伺いました。
詩やダンスが織り混ぜられたコラージュのような映画。
現実の風景を映しているにも関わらず、観ること自体が神秘的な体験でした。
〈佐々木ユキ〉という女の子(妖精たち)が大好きになりました。
19歳の自分の言葉と向き合うのも、くすぐったいような気持ちでした^^;

『あるいは佐々木ユキ』詳細は→http://sasakiyuki.doorblog.jp

1966カルテット/詩手帖アンケート
[PR]
by moonpower0723 | 2012-11-29 23:52 | 詩の仕事

読書のフェス出演/アップリンク「詩×」朗読会のお知らせ/ミルチァン寄稿/水色連載詩/読売ナビ

d0101676_0351877.jpg

言葉は安全装置をもうはずしたよ。


11月10日(土)上野恩賜公園野外ステージにて
読書のフェスに出演いたします。


読書のフェスは、書き手たちの朗読が中心のイベントです。
ロックフェスならぬ、読書のフェス。
「ひとりで、家で、静かに」ではなく「みんなで、外で、大声で、読む」企みが斬新です。
読書に抱いていたイメージが、少し変わるかもしれません。

2012年11月10日(土)OPEN 12:00 / START 13:00

会場:東京都 上野 上野恩賜公園野外ステージ

出演者(敬称略。11月6日現在発表済みの方)

川上未映子(作家)
小林エリカ(作家、漫画家)
三遊亭白鳥(落語家)
柴田元幸(翻訳家)
菅原敏(詩人)
高木正勝(映像作家、音楽家)
飛田正浩(ファッションデザイナー)
平松洋子(エッセイスト)
文月悠光(詩人)
穂村弘(歌人)
and more

料金:前売1,500円  当日2,000円

ご予約は、読書のフェスのサイトからお願いいたします。

***

11月16日(金)、渋谷のアップリンクにて
オープンマイク形式の朗読会を行います。


詩の表現、可能性を広げるイベント『詩×(しかける)』を
11月16日(金)、渋谷アップリリンク ROOMにて開催致します。

『詩×(しかける)』では様々なクリエイターとコラボレーションを行い、
詩と何かを掛け合わせることによって、新たな形で『詩』を表現致します。
第一回にあたる今回は『詩×詩』がテーマです。

オープンマイク参加者は、詩にインスピレーションを得て書かれたご自身の詩をご持参ください。
1人持ち時間5分で詩を朗読していただきます。
元になった詩の紹介(朗読可)と
その詩からインスピレーションを受けて書いたご自身の詩を朗読する形です。
もちろん観覧のみの参加も歓迎いたします。

日時 11月16日(金)
19時オープン 19時半スタート
料金 1500円 ドリンク別(+500円)

場所 渋谷アップリンク ROOM
渋谷区宇田川町37-18 1F
TEL 03-6825-5502
http://www.uplink.co.jp/

ゲスト : 文月悠光

オープンマイク朗読希望者は事前にお申し込みが必要です。
タイトルを『詩×』事前参加として 氏名 連絡先 元になった詩 ご自身の詩を記入の上
btr829@gmail.com (黒川武彦) までお送りください。

*朗読枠13名 締め切りは 11月13日 (月)17時まで
枠が空いた時のみ当日参加を受付致します。観覧のお客様は申し込み不要です。

詩×の詳細はこちら

***

Waltz(ワルツ)〈millchan magazine vol.11〉

ミルチァン編集室 / ミルチァン編集室 販売:密林社



リトルプレス「ミルチァン」vol.11に
詩「あの子の情動」を執筆いたしました。


今回、発行人の今唯ケンタロウさんのお誘いにより、ゲスト寄稿させていただきました。
「あの子の情動」は以前から書いてみたかった、女の子×女の子の百合詩。
女の子ふたりが踊ります。書いていて、とても楽しかったです。

「ミルチァン」届いてびっくり。
白地の箱に詩の冊子と、イラストのポストカードが3枚詰まっています。
カニエ・ナハさんの装丁、ちょっと興奮しちゃったくらい素敵でした。
詩もよい作品がそろっていると思います。
ブリングルさんの作品が正に「ワルツ」な雰囲気で軽やかです。
現在、アマゾンでは在庫が切れていますが、ご注文可能です。
今週中に在庫復活する見込みです。ぜひお手に取ってみてください。

寄稿者:文月悠光(guest)/ブリングル/カニエ・ナハ/灰根子/田原 優子/今唯 ケンタロウ/
illust:cocoa/michihiro/装丁:カニエ・ナハ/構成:design basket

***

ナナロク社のHP内「水色」にて、
連載詩第3回「春にはいない虫」が更新されました。


春……っていうか、もう秋ですが(笑)。
書いた当時は5月でしたの。。お読みいただければ幸いです。
→水色はこちらから。

***

10月20日読売新聞夕刊の<NAVI&navi>にて、
名木田恵子著『赤い実はじけた』
『赤い実たちのラブソング』を紹介しました。


赤い実はじけた (PHP創作シリーズ)

名木田 恵子 / PHP研究所



赤い実たちのラブソング

名木田恵子 / PHP研究所



前者は小学生時代の甘酸っぱい初恋を思い出す一冊。
後者は大人のしっとりとした恋愛模様が味わえます。大人の方も楽しめる本だと思います。
名木田恵子さん……小学生時代に夢中になって読んだ、思い出深い作家さんです。
特に<ふーことユーレイ>シリーズ、『海時間のマリン』が大好きでした。
児童文学、やっぱり好きだなあ、愛しいなあ、、と思います。
次回は、1月26日夕刊に掲載予定です。

***

池田理代子まつり。
[PR]
by moonpower0723 | 2012-11-06 23:06 | 詩の仕事
line

文学少女は詩人をめざす


by moonpower0723
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite