「ほっ」と。キャンペーン

お月さまになりたい。

hudukiyumi.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

【備忘録】2011年の仕事一覧

d0101676_111267.jpg

2011年、文月が関わった仕事、イベントなどをまとめてみます
(各項発表順、敬称略)。詩に関して、再録のものは除きました。

2011年は、20歳を迎えた特別な年でした。
仕事を通じてたくさんの方と出会えて、充実した1年だったと思います。
皆さま、お世話になりました。ありがとうございました。
経験したこと、ひとつひとつを力と自信にして、これからも精進していきます。


【詩】
・「余白を孵す」(「現代詩手帖」1月号)
・「骨の呼吸」「てのひら」「たてがみ」(ミュゼ浜口陽三ヤマサコレクション 1月8日~3月21日、4月10日~30日)
・CDブックレットに詩12篇(花井悠希アルバム「譚詩曲~11 stories on Violin」 3月)
・「青い名前」(「広告」4月号)
・「物語へ、その海鳴へ」(北海道新聞夕刊 3月23日)
・「この世の果てることすべて」(「詩と思想」4月号)
・「私の毒に、うなずいてください」(「Pad Magazine CELL」Vol. 1 大伸社)
・「片手の行方」(「別冊・詩の発見」第10号)
・「“わたし”の芽」(「びーぐる」11号 初期詩「かく」と共に)
・「水脈の手」(「ねこま」創刊号)
・「まぶしい卵」(詩客HP)
・わたしの鳴きごえ(読売新聞夕刊 7月16日)
・「月夜のくだもの」(『ろうそくの炎がささやく言葉』勁草書房 8月)
・「寄り添いながら、間違え合うことA/B」(「ねこま」2号)
・「今日の渇き」(「遠来」vol.3)
・poepencil『てにをは少女のひみつ』(一行詩12篇の刻まれた鉛筆セット、oblaat制作・販売
・「撫でる」(ことばのポトラック vol.4「女詩会」サラヴァ東京 9月25日)
・「消息」(脳科学研究者の藤井直敬さんより指導を受け、イベントにて発表。 産総研臨海副都心センター 11月20日)


【エッセイ】
・アンケート<心に残る詩歌>「びーぐる」10号
・<エッセイ>北海道新聞 3月23日夕刊
・「女王のベッド」(「真夜中」№13 COLUMN 眠りの国)
・「ブランコのように」(「中原中也の会 会報」30号 7月)
・「朗読少女」(「群像」10月号)
・「遊び恐怖症」(「すばる」10月号)
・<忘れられない一冊>「週刊朝日」9月30日号
・「教室でひとり」(「文藝春秋」12月号)
・「私が朗読する理由」(「ami.me」2号)
・<吉岡実この一篇>「呻き」(ウルトラ14号)
・アンケート<今年度の収穫>「現代詩手帖」12月号年鑑
・「あてどない祈りとして」(『ユリイカ 2012年1月臨時増刊号 総特集◎石川直樹』)


【書評/レビュー】
・川上弘美著『機嫌のいい犬』(「すばる」1月号)
・アーサー・ビナード著『亜米利加ニモ負ケズ』(「週刊文春」2月24日号)
笹井宏之著『えーえんとくちから 笹井宏之作品集』(北海道新聞 3月13日朝刊)
・井坂洋子著『嵐の前』(「現代詩手帖」4月号)
・多和田葉子著『雪の練習生』(「すばる」5月号)
・南原充士著『インサイド・アウト』(洪水8号 7月)
・米田夕歌里著『トロンプルイユの星』(図書新聞7月16日号)
・三浦しをん著『舟を編む』(「週刊 読書人」11月11日号)
・三角みづ紀著『カナシャル』中村葉子著『泣くと本当に涙が出る』『吉原幸子詩集』(「Tokyo graffiti」12月号)
・佐々木幹郎著『明日』(「現代詩手帖」12月号年鑑)


【文庫解説】
・石川直樹著『最後の冒険家』(集英社文庫)


【漫画】
・「久しぶりだね」/「おおきくなったら、なれますように」(「トルタのマンガ」11月3日)


【対談/シンポジウム】
・花井悠希(『ばよりん彼女』 音楽出版社 3月2日、「CDジャーナル」4月号)
・シンポジウム「伊藤比呂美を大いに語る」(新井高子+田中庸介+水無田気流+蜂飼耳+文月悠光 「現代詩手帖」7月号)


【展示】
・南桂子生誕100年記念展・きのう小鳥にきいたこと ―谷川俊太郎、蜂飼耳、文月悠光、三詩人の詩とともに―(ミュゼ浜口陽三ヤマサコレクション 1月8日~3月21日、4月10日~30日)
・蕾と花のあいだ(写真・杣田美野里、詩・文月悠光 ジュンク堂書店池袋本店 3月1日~3月31日/礼文島香深フェリーターミナル 6月14日~10月31日)
・LOVE is... LIFE is...(SLOPE GALLERY 4月20日~5月10日)


【イベント】
・南桂子と3 人の詩人―2 月のなみおと(出演:谷川俊太郎、蜂飼耳、文月悠光 ミュゼ浜口陽三ヤマサコレクション 2月20日)
・オールナイト・ポエトリー・リーディング~パウンド・トリビュート(ワタリウム美術館 3月5日)
・長歌朗読とコンテンポラリーミュージック山田航&ヒズフレンド(札幌市役所ロビー 4月2・3日)
・プランタン・コンプレックス(東京日仏学院 4月28日)
・トルタオーディオブック(第12回文学フリマ 6月12日)
・『ろうそくの炎がささやく言葉』出版記念イベント(タウンデザインカフェ 6月17日)
・第拾回千葉詩亭ゲスト(TREASURE RIVER BOOK CAFE 6月18日)
・「御徒町凧と文月悠光の朗読会」(カフェ六次元 6月20日)
・六本木詩人会交差点2011 詩の根源へ(ホテルアイビス 7月16日)
・伊藤比呂美を大いに語る シンポジウムパネラー(葉月ホールハウス 7月30日)
・ろうそくの炎で本を読もう~月夜の朗読会(OYOYOまち×アートセンターさっぽろ 8月5日)
・アジア現代詩フェスティバル「文学の夜」(ソウル・延禧文学創作村 参加国:韓国、中国、日本、台湾、トルコ、マレーシア 9月7日)
・中原中也の会第16回大会イベント(出演:アーサー・ビナード、三角みづ紀、文月悠光 ホテルニュータナカ 9月17日)
・ことばのポトラック vol.4「女詩会」(サラヴァ東京 9月25日稲葉真弓 大竹昭子 平田俊子 小池昌代 ミーヨン  唐作桂子 文月悠光)
・サイエンスアゴラ2011<脳科学の「料理法」>(研究者の藤井直敬さんより指導を受け、作品制作・発表。 産総研臨海副都心センター 11月20日)
・萩原朔太郎展関連イベント「ロックの国の朔太郎」(出演:町田康、林浩平、鳥居万由実、柴田有理、文月悠光 北沢タウンホール 11月20日)
・「詩とごはん。」第1回 名づける(料理人:小桧山聡子、出演:御徒町凧、谷郁雄、文月悠光 カフェ六次元、12月14日)


【動画出演】
『ろうそくの炎がささやく言葉』PV(制作:大川景子)
文月悠光 適切な世界の適切ならざる私 modern poet "Yumi Fuzuki" (制作:まるやまもえる)


【メディア】
・中日新聞1月17日朝刊“中高生Weekly”インタビュー
・北海道新聞1月21日夕刊「創ティータイム」
・AIR-G' FM北海道「札幌ワンダー・ポロピン」9月15日
・「NHK短歌」12月25日 ゲスト


【そのほか】
・「現代詩手帖」と、韓国の季刊「世界の文学」での日韓相互翻訳企画に参加(詩「落花水」)。
・復興書店に出品。
・中国の文芸誌「今天」に作品が掲載(詩「落花水」劉暢訳、詩「骨の呼吸」田原訳)。
・台湾の文芸誌「聯合文學」に作品が掲載(詩「落花水」張明敏訳)。
・『ろうそくの炎がささやく言葉』刊行記念フェア「執筆者たちが選ぶともしびとなる本」参加。
・谷川俊太郎「はだか」展(SHIBAURA HOUSE 8月5日~8月27日)に素材参加。
・トルタバトンに参加(トルタラボでの作品制作。 9月20日~21日)。

【おまけ】
[PR]
by moonpower0723 | 2012-01-18 19:32 | 詩の仕事

「週刊SPA!」にインタビューと詩/「現代詩手帖」1月号に詩/図書新聞に『親愛なるキティーたちへ』書評

d0101676_23515845.jpg

着地する前は一羽の鳥だった。


「週刊SPA!」1月24日号(1月17日発売)の
<エッジな人々>に
インタビューと書き下ろしの詩が掲載されます。


thanks(敬称略)*インタビュー・構成/朝井麻由美 撮影/山形健司 ヘアメイク/宮本 愛

なんと、カラー4ページです(恐ろしや……)。
インタビューページ寄り添うかたちで、短い詩を数編書きました。
取材の際はじっくり話を聴いていただけて、嬉しかったです。
私のまとまらない話も、ライターの朝井さんのお力で、
とても読みやすく仕上がっていると思います。
ページに関わった皆さま、お世話になりました。
「週刊SPA!」は書店やコンビニ、キオスクなどで手に取ることができます。
お読みいただければ幸いです。

***

「現代詩手帖」1月号(発売中)に
詩「ひとよりも大きく産んであげるね、地球」を執筆しました。


現代詩手帖 2012年 01月号 [雑誌]

思潮社



今月号は45名の詩人による作品特集。
吉増剛造さんと赤坂憲雄さんの対談も掲載されています。
おふたりの呼吸、お声が伝わってくるようで、わくわく読みました。
今年の装丁もかっこいいですね。毛利一枝さんによるデザインです。
「GT」のノリには驚きましたけれども^^;

詩「ひとよりも大きく産んであげるね、地球」は、
タイトルがある意味すべてを語っていますが笑、楽しみながら書いた一篇です。
GT、お手に取っていただけると嬉しいです。

***

「図書新聞」1月1日号にて、
小林エリカ著『親愛なるキティーたちへ』の書評を執筆しました。


親愛なるキティーたちへ

小林 エリカ / リトル・モア



この本には、アンネ・フランクの死から生までをたどる十七日間の旅路が描かれています。
しかし、単なる旅行記ではないところが、小林エリカ的。
さまざまな日記や詩などが引用されるため、
読み手は著者が差し出すあらゆる時間を漂うことになります。
著者によるスケッチもイメージを固定するものではなく、より広がりを与えるものとなっており、
「読む」ことを心から楽しめる素敵な一冊です。

***

映画館で眠るということ。
[PR]
by moonpower0723 | 2012-01-12 00:01 | 詩の仕事

明けましておめでとうございます。

d0101676_112550.jpg


みなさま、新年明けましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。

様々な場面で、学ぶことの多い一年でした。



文月悠光らしい表現を目指して、

創作活動、大学生活共に

今年も精一杯頑張りたいと思います。

どうぞ宜しくお願いします。

みなさまにとって、

2012年が素敵な一年になりますように。


   ∮


お月さまになりたい。

2012.01.01

文月悠光

[PR]
by moonpower0723 | 2012-01-01 11:10 | お月さまになりたい。
line

文学少女は詩人をめざす


by moonpower0723
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite