<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

d0101676_22434729.jpg


産声の終息、暗がりを求めて。


「真夜中」№13(4月22日発売号)の
〈COLUMN 眠りの国〉に
エッセイ「女王のベッド」を執筆いたしました。


季刊 真夜中 No.13 2011 Early Summer 特集:映画が生まれるとき

リトル・モア



イラストレーターの前田ひさえさんが絵をつけてくださいました。
淡い色遣いに、イメージが掻き立てられます^^
高校生の頃から憧れていた雑誌「真夜中」に執筆することができて、
感無量です。胸がいっぱいになりました。
〈眠り〉をテーマにした文章、ということで、
この機会に〈眠り〉に関するさまざまな思い出を掘り起こしてみました。

映画特集である同号、“どきどき”が溢れています。
近藤聡乃さんのページが面白くて、何度も開いてしまいます。
また、〈特別寄稿〉「震災とカメラ――東京、宮城、岩手」と題された
岩淵弘樹さんの日記風の文章は臨場感にあふれており、強く引きつけられました。

「真夜中」、本当に素敵な雑誌なので、ぜひお手にとってみてください。

◎ 「びーぐる」第11号に詩「“わたし”の芽」
初期詩篇として「かく」を寄稿いたしました。


毎回興味深い「びーぐる」の特集。
今回は、「時を越えて 新作詩篇と初期詩篇」と題し、
書き手としてのキャリア、世代も様々な21人の詩人
(谷川俊太郎さん、新川和江さん、北川透さん、佐々木幹郎さん、
池井昌樹さん、野村喜和夫さん、新井豊美さん、倉田比羽子さん他)の
書き下ろし新作と初期作品、初期作品に関するコメントを掲載しています。

初期作品は文字通り、第一詩集以前の未発表作品が望ましいが、
第一詩集、第二詩集あたりのものでもよい、とのことでした。
私は第一詩集『適切な世界の適切ならざる私』収載の一番古い作品が、
14歳の頃のものだったので、それ以前の作品を、と思い、
小学5、6年頃(はっきりと覚えていませんが)に書いた「かく」という詩を寄稿しました。
蓋を開けてみれば、昭和11年を出発として様々な時代の作品が集まりました
(高校生の頃の作品はいくつかありましたが、小学生は文月だけでした汗)。
殆どが私の生まれる前に書かれた詩篇です(先輩ですね)。

新作詩「“わたし”の芽」の方は、ちょうど
「かく」を書いていた年頃の出来事を思い起こしながらしたためました。
初期詩篇と共に、ご笑覧いただければ幸いです^^;

「びーぐる」のご注文は、miotsukushi@s9.dion.ne.jp(澪標)へどうぞ。

◎詩誌「ねこま」創刊号に詩「水脈の手」を寄稿いたしました。

手のひらサイズの小さな同人誌を久石ソナさんが創ってくださいました。
猫好き同人はそらしといろ、井上法子、木葉揺、ブリングル、久石ソナ、文月悠光です。
今年、第49回現代詩手帖賞を受賞されたブリングルさん他、
「現代詩手帖」投稿欄の注目の新人が、寄稿しております。

それにしても……、高校2年生の春にいただいた現代詩手帖賞、
もう第49回なんですね。自分で書きながらびっくりしました笑。

ご希望の方は、ご予約の旨と送付先を、
ty_iz_sa@yahoo.co.jp(代表:久石)へお送りください。


*ご予約は30日まで。部数には限りがありますので、お早めにどうぞ。

あたまのなか
[PR]
by moonpower0723 | 2011-04-28 00:00 | 詩の仕事
d0101676_2316243.jpg

わたしという背をこえていく、 よ ろ こ び 。


◎iPad向けデジタルマガジン
「Pad Magazine CELL」Vol. 1 (制作・販売 大伸社)に
詩「私の毒に、うなずいてください」を執筆しました。


d0101676_23213561.jpg

「Pad Magazine CELL」はファッションやアート、食、音楽を
独自の視点でとらえていく新しい電子書籍雑誌です。
Vol. 0に引き続き、詩を書かせていただきました。
今回掲載された詩は、昨年の夏頃に執筆したもので、
東京に出てきたばかりの時期の戸惑いが滲んでいる作品だと
(読み返して)思いました。
CINEMAやMUSIC、ARTと並んで、POETRYのページがあること。
一冊の中で、詩がどのように作用していくのか、とてもどきどきします。

「Pad Magazine CELL」Vol. 1はApp Storeにて、350円でダウンロードできます。
ご購入・詳細はこちらへどうぞ。

「すばる」5月号
多和田葉子著『雪の練習生』書評を執筆いたしました。


すばる 2011年 05月号 [雑誌]

集英社



雪の練習生

多和田 葉子 / 新潮社


実は、書評で小説を扱うのは初めてのことです(〈読書日録〉の連載を除き……)。
中学生のときに「かかとを失くして」(『三人関係』収載)に魅了されて以来、
多和田さんの文章が醸し出す独特の雰囲気も、
言語を壁を越えて活動される多和田さんのご姿勢も、私は大好きです。
昨年秋、多和田さんが早稲田大学にて
ピアニスト・高瀬アキさん行われたワークショップは、
声を使ったり、手を叩いたり、指揮をとってみたり……
言葉が“音”として身体に響いてくるような、刺激的なものでした。
思い入れが強いこともあり、
書評のご依頼には、嬉しい気持ちと共に不安も感じましたが、
『雪の練習生』の不思議な魅力に助けられて、無事かたちになりました^^
「書くこと」について、深く考えさせられる小説です。
三世代のシロクマたちと、シロクマに関わる人間たちの気高い生涯が描かれています。

同号の管啓次郎さんと、野崎歓さんの対談に
とくべつ元気をいただきました。

「別冊・詩の発見」第10号(澪標 刊)に
詩「片手の行方」を執筆いたしました。


高校一年生のときに書いた詩を下敷きに、
今の目線から過去を振り返ったような作品です。

同号には、北爪満喜さん、三角みづ紀さん、神尾和寿さん、
細見和之さん、髙木敏次さん、松尾真由美さん、高階紀一さん、
渡辺めぐみさん、犬飼愛生さんなども、詩作品を寄せていらっしゃいます。
編集長の山田兼士さん、お世話になりました。

目次などの詳細はこちらのページへどうぞ。
購読の申し込みは「澪標」miotsukushi@s9.dion.ne.jpにお願いいたします。

SLOPE GALLERYにて開催の
「LOVE is... LIFE is...」展に参加いたします。


d0101676_017535.jpg

「LOVE is... LIFE is...」をテーマに、
様々なジャンルのクリエーターが作品を出展いたしました。
それぞれの分野を越えて、とのことですが、大御所のお名前も多いですね^^;
展示作品は全て購入可能です。
売上げの一部は、日本赤十字社を通じて被災地の復興支援に寄付いたします。

■期間  4/20.wed~5/10.tue(土、日、祝、5/2はお休み)

■場所  SLOPE GALLERY
2-9-1-B1 Sendagaya, Shibuya-ku, Tokyo →MAP
Tel : 03-3405-0604 /
Email : slopegallery@buenobooks.com
Open : 13:00〜19:00
Closed : Saturday , Sunday , Holiday

参加者(敬称略・順不同)
横山泰介、芝田満之、松田大児、豊田弘治、小林昭、櫛本喜彦、田中友規、ニール・ハートマン、広川泰士、本間日呂志、腰塚光晃、田中勇輝、文月悠光、佐藤卓、半沢健、吉田洋平、戸倉康守、丸山正、平尾香、ブルース・オズボーン、大村克巳、菊池崇、海原修平、岸俊一、坂田英一郎、中村竜、雷、向圭一郎


私は……
眺めたり
脱がせたり
読んだり、着せたりして
遊べる作品を出品しています(「そのまま」すぎる説明←)。
高校を卒業する時期に、過去の自分を弔うような気持ちで作った作品です
(今回の展示のために、こっそりまた手を加えました) 。一応購入できます笑。
皆さまお誘い合わせの上、ぜひお越しください。
ごめんなさい。ゴールデンウィークほか、土日祝、5/2は休廊しております。

*また、展示と連動して各ジャンルの表現者の方々によるトークセッションを行います。
このセッションは、USTREAMを通して配信予定です。
http://www.ustream.tv/channel/love-is-life-is


[PR]
by moonpower0723 | 2011-04-18 00:38 | 詩の仕事
d0101676_23484272.jpg


まぶたがさけて、あたしを飲み込む。

「現代詩手帖」4月号に
『第2回鮎川信夫賞受賞詩集『嵐の前』(井坂洋子 著)書評
「無関係という強かさ」
を執筆いたしました。


現代詩手帖 2011年 04月号 [雑誌]

思潮社


嵐の前

井坂 洋子 / 思潮社


震災のさなか、書き上げた書評です。
締め切り10日前の依頼でしたが、春休みのお陰で、何とか乗り切りました笑。
『嵐の前』を再読し、気づいた事柄を率直に綴りました。
お読みいただければ幸いです。

「現代詩手帖」4月号には、第2回鮎川信夫賞の発表
(受賞作は詩集部門:朝吹亮二『まばゆいばかりの』、井坂洋子『嵐の前』
詩論部門:神山睦美『小林秀雄の昭和』)、
エドゥアール・グリッサンの追悼特集、フランス詩の最前線などが紹介されています。
目次など、詳細は こちら(思潮社HP)へ。

「詩と思想」4月号に
巻頭詩「この世の果てることすべて」を執筆いたしました。


詩と思想 2011年 04月号 [雑誌]

土曜美術社出版販売



巻頭詩ということを特別意識したわけではありませんが、
静謐なイメージを目指した作品です。
迷いながら、丁寧に推敲を重ねていきました。
楽しんでお読みいただければ、と思います。

「詩と思想」は新鋭特集号。
犬飼愛生さん(2006年の第3回詩学最優秀新人賞の際、同時受賞でした)ほか
各所でご活躍されている詩人さんの紹介、作品が出揃っています。

「CDジャーナル」4月号にヴァイオリニスト花井悠希さんとの対談が掲載されました。

CD Journal (ジャーナル) 2011年 04月号 [雑誌]

音楽出版社


対談は雑誌掲載用のやや短縮バージョンです。

花井悠希さんの3枚目のアルバム
「譚詩曲~11 stories on Violin」のブックレットに
詩を書かせていただきました。
収録された全11曲にそれぞれ1篇ずつ、
CDを総括する形で1篇、計12編の短い詩をブックレットに執筆いたしました。
花井さんとの対談のお話は、そのご縁でいただいたものです。

譚詩曲~11stories on Violin(DVD付)

花井悠希 / 日本コロムビア



花井悠希さんフォトブック『ばよりん彼女』では
対談を全篇読むことができます。

ばよりん彼女 花井悠希フォトブック CDジャーナルムック

音楽出版社


実際にお会いしてみたら、、花井さんの手足の長くて、お顔の小さいこと……。
まるでモデルさん(どきどき)。お美しい方でした。
かわいらしくて、けれど芯が強くて、
何より驚くべき点は……彼女が面白いこと笑。
演奏から想像していた印象がよい意味で裏切られました。
花井さんの明るさに助けていただいて、対談も楽しく乗り切れました!

フォトブックには、対談のほかに、花井さんのエッセイ、撮り下ろしなども収録されています。
フォトブック詳細はこちら↓
http://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20110302
花井悠希さんを、もっと知りたい方はこちら→http://columbia.jp/hanaiyuki/

花井さん、この度は本当にありがとうございました。

桂子生誕100年記念展が
4月10日から30日まで行われます。


11日の震災以後、休館となっていたミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクションですが、
4月10日より、南桂子生誕100年記念展を再開することとなりました。

ボヌール

南 桂子 / リトルモア


ユニセフのカードの絵で有名な銅版画家、南桂子氏(1911~2004)の作品展です。
美術館のカタログから、気に入った作品を3つ選び、
作品から得たインスピレーションを手掛かりに詩を書きました。
詩掲載の展示カタログの販売もございます。

ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション展覧会
「南桂子生誕100年記念展 きのう小鳥にきいたこと」

―谷川俊太郎、蜂飼耳、文月悠光、三詩人の詩とともに―

展示詳細http://www.yamasa.com/musee/guminami.html

開催期間2011年4月10日(日)~4月30日(土)

会場ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

*住所:東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7  こちらをご参照ください。

*開館時間
 11:00 ~ 17:00(最終入館16:30。土日祝は10:00 開館。)

*入館料()内は20名以上の団体料金
 大人:600円(500円)
 大学生・高校生:400円(300円)
 中学生・小学生:200円(150円)

この機会に沢山の方にご入場いただければと思います。


***

北海道新聞4月3日朝刊にて、
和合亮一さんのツイッター<詩の礫>に関して
コメントさせていただきました。


記者の栗山さんと電話で、とつとつお話ししました。

和合さんが詩人として、書き手として、
ひとりの被災者として、あるべき姿を示してくださったことは確かです。
今後も変わらず、和合さんの言葉を見つめ、
そこから、私自身の道筋を探っていきたいと思っています。

はっきりと
[PR]
by moonpower0723 | 2011-04-07 00:00 | 詩の仕事
d0101676_22261948.gif


わたしにわたしを重ねて捧げること。
それは、祈る手のひら。


いつだって祈りのように
詩を紡ぎたい。
飛ばしたい。
距離なんて壁にはならないのです。
詩を託したことばは、
熱を引きつれ、たなびいて
もっと、とおくへ。

みなさんへ、詩のことばが届きますように。


4月2日(土)・3日(日)、札幌市役所ロビーにて15時より
歌人・山田航さんによる長歌朗読
&ジャズバンド演奏のイベント
が行われます。
文月も詩を朗読させていただきます。

(全体で40分ほどの無料イベントです)
詩とジャズのコラボレーション。
お時間あれば、ぜひいらしてください^^

***

会場では琴似屯田兵村に関する作品展も開催中です。
参加者は唐牛幸史さん(彫刻)、横谷恵ニさん(写真)ほか。
作品展のブログでは写真付きで告知されています。
こちらのページでは、展示の実際の模様もよくわかります。



札幌を掘る!DIVE★DOCUMENT~琴似屯田兵村~

琴似屯田兵村は、明治期の北海道に独特の屯田兵制度、最初の兵村です。 この遺構の兵屋について、平成22年6月から12月にかけて20年ぶりとなる柾屋根葺替え保存修理が、行われました。
ここを起点に、自分たちの足もとを深く掘り下げ、歴史の海にDIVEすると、人類史のスケールと地球規模の繋がりが実感出来ました。 歴史文化遺産は、私たちの個性と誇り、そして新しい地域文化を創造していく大切な素となるものです。 私たち市民ひとり、ひとりによる未来創造のきっかけづくりにしようとこの展示を企画しました。今回の修理と関連の歴史についてのインフォメーション、札幌の歴史を掘り下げて未来に繋げることをテーマとした作品の展示となっております。 皆様のご来場をお待ちしております。
 実行委員長 彫刻家 唐牛 幸史

開 催 期 間
3月28日(月)~4月8日(金)
9:00~18:00(土・日も開場)

開 催 場 所
札幌市役所ロビー
札幌市中央区北1条西2丁目

会場への地図は→コチラ

主 宰
DIVE DOCUMENT 琴似屯田兵村 実行委員会
札幌市(TEL 011-211-2312 札幌市文化財課)


イベントなども盛りだくさんです。
【イベントスケジュール】
4/2(土)・4/3(日)
12:00 クレイアニメ上映会
「KUROMAME the magic wand(2006)」

13:00 れきしの勉強講演会
琴似屯田子孫会事務局長 永峰貴氏
4/2「開拓使最初の兵村琴似の誕生」
4/3「屯田兵の思いに迫る」

14:00 クレイアニメ上映会
「KUROMAME HAPPY LAND(2007-2009」

15:00 長歌朗読とコンテンポラリーミュージック
山田航&ヒズフレンド

4/8(金)12:00-13:00 テーマ曲ライブ
歌とのこぎりコンサート&ワークショップ
テーマ曲を歌う「カポウ」さんらによる特別ライブとのこぎり(ミュージカルソー)体験
・テーマ曲
作詞・うた・のこぎり カポウ / 作曲・ギター 古館賢治 / トンコリ・Toy Toy

【フェア】
元気カフェ・宮田屋協賛フェア
4/2(土)・4/3(日)の営業時間は11:00-16:00
・道産素材を使ったオリジナルメニュー&お子様向けメニュー
・元気カフェご利用のお客様全員に「クロマメグッズ」が当たるくじ引き開催!

詳細はこちらのページをご覧ください。

***

◆最新・掲載情報◆
「詩と思想」に巻頭詩、「現代詩手帖」に井坂洋子詩集『嵐の前』書評を寄稿。
「CDジャーナル」に、ヴァイオリニスト・花井悠希さんとの対談が掲載されています。

近日中に詳細を更新いたします!
(一部、北海道に届いていない雑誌もあり、未見ですが汗)

***

大学の授業が5月からになったので、
4月中旬頃まで、札幌の実家で過ごすつもりです。
今日は、祖母の96歳のお誕生日でした。
これから、家族でお祝いです。
食卓にケーキを並べて、ジュースで乾杯できる……
当たり前だと思っていたけれど、本当に素敵なことですね。
幸福な環境にあることを感謝したいです。
おめでとう、おばあちゃん。

ちなみにエイプリルフールは、googleのロゴがなかなかユニークでした^^
私はあまのじゃくだから、世の流れに逆らって
エイプリルフールだって正直に生きるのです。

札幌での朗読は久しぶりで、非常に楽しみ。
声で詩を伝えることが出来るよう、精一杯力を尽くします。
[PR]
by moonpower0723 | 2011-04-01 23:01 | 詩の仕事

文学少女は詩人をめざす


by moonpower0723