「ほっ」と。キャンペーン

お月さまになりたい。

hudukiyumi.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

本日の中日新聞の中高生Weeklyにインタビュー掲載。

d0101676_17232990.jpg


冬の風と打たれる頬の、どこまでもあたし。

1月17日(月)中日新聞朝刊の
中高生Weekly”という中高生向けのページに、
インタビュー記事が掲載されました。


昨年12月、東京へお越しくださった記者Nさんと
中高生記者のみなさんから、インタビューを受けました。
中高生記者の質問は、大人の記者さんが到底思いつかないような、
少々変わった視点のものが多く、とても新鮮でした。
楽しみながら(勝手に同世代と思って笑)、お話しすることができました。
Nさん、中高生記者のみなさん、ありがとうございました!
お手に取る機会のある方は、ぜひご覧ください。

*再び宣伝*

現代詩手帖 2011年 01月号 [雑誌]

思潮社


現在発売中の「現代詩手帖」1月号
特集<現代日本詩集2011>に
詩「余白を孵す。」を執筆いたしました。


この詩を書いているときはとにかく調子が悪くて、
粘土のようにこね続けた末、推敲段階で10回以上書き直しました。
私が読むとそのときの泥沼を思い出すので
何とも具合が悪いのですが、
読み手には楽しんでいただける作品になったのでは、と思います^^;

「現代詩手帖」は大型書店(ジュンク堂や紀伊国屋などの)文芸誌コーナーに並んでいます。
ぜひお手にとってご覧ください。
ネットからのご購入は、思潮社HPからどうぞ!
http://www.shichosha.co.jp/gendaishitecho/item_312.html

***

六本木詩人会ホームページ
詩「黄色い翅」をアップしていただきました。


詩「黄色い翅」は10月12日から24日にかけて、札幌のテンポラリースペースにて行われた展示
<昆テンポラリー展「札幌の昆虫を素材にして」>にて発表した作品を改稿したものです。

こちらからぜひお読みください↓
http://www.roppongi-shijinkai.net/20101228-1938.html

なお、六本木詩人会の文月悠光まとめページはこちらです↓
http://www.roppongi-shijinkai.net/author/fuduki

***

 開 催 中 ! !

ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション展覧会
「南桂子生誕100年記念展 きのう小鳥にきいたこと」

―谷川俊太郎、蜂飼耳、文月悠光、三詩人の詩とともに―

展示詳細http://www.yamasa.com/musee/guminami.html

開催期間:2011年1月8日(土)~3月21日(土)
会場ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

*住所:東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7  こちらをご参照ください。

*開館時間
 11:00 ~ 17:00(最終入館16:30。土日祝は10:00 開館。)

*休館日
 (1/10、3/21 は開館)、1/11、2/20
 ※2/20(日)はイベントの為、終日休館いたします(cafe もお休み)。

*入館料()内は20名以上の団体料金
 大人:600円(500円)
 大学生・高校生:400円(300円)
 中学生・小学生:200円(150円)

***

先日このようなページを発見しました。

あの“不適切”詩集が、神奈川県のある高校の推薦図書に?笑
しかも、どなたか紹介文まで寄せてくださっています。
びっくりして、ツイッターにてつぶやきましたところ、
件の高校の学校司書さんが、私のツイッターをフォローされていたらしく、
わざわざメールでご連絡をくださいました。
そして司書さんを通じて、
紹介文を書いてくださった高校3年生の図書委員Tさんからもメールをいただきました。

Tさんから許可をいただきましたので、
オリジナルの紹介文を以下に引用させていただきます。

適切な世界の適切ならざる私

文月 悠光 / 思潮社


あか信号を渡れない小学生たちにむかって、
「たくさん轢かれてみよう。」
処女詩集で、ふづっきー節全開だ。
彼女の言葉は放たれる。
「靴がない!
私は嬉々となって走り出して。」
14歳から17歳のあいだにつむがれた詩篇たち。
整列されないことば。
ふづっきーの詩のおくには、いつもするどいまなざしが、ある。
いくらコーサンで中原中也賞を受賞しても、文月は「適切ならざる
文月。」
ひとりで詩を書きつづけることは、きっと最良の裏切りだ。
ふづきゆみすてき!
こどもたち、たくさん轢かれてみよーぜ。

この紹介文の文体も独特で、しびれますね^^
いま高3のTさんは、大学受験の真っ只中。
悔いの残らないよう、頑張ってほしいと思います。心から応援しています。
素敵な紹介文、本当にありがとうございました!
[PR]
by moonpower0723 | 2011-01-17 18:05 | 詩の仕事

【開催中】南桂子展~谷川俊太郎氏、蜂飼耳氏と共に/「詩と思想」1・2月号に詩掲載/日韓相互翻訳企画

d0101676_1835414.jpg

この息よりもあたたかい。

数日前から再び東京です。
札幌で遊んで肥えて……
何のことはない、結局風邪をひいて戻ってきました汗。
ご迷惑おかけしましたが、熱も下がりましたし、だいぶよくなりました。
東京の家に届いた年賀状の返事を連休中に何とか、と思っています
そして、2週間後に連なる試験の勉強も何とか、レポートも何とか、
迫りくる諸々の締め切りも何とか、と……(ばかやろう)。

昨日から始まりました、こちらの展示の告知をもう一度。連休中にもぜひ↓

ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション展覧会
「南桂子生誕100年記念展 きのう小鳥にきいたこと」

―谷川俊太郎、蜂飼耳、文月悠光、三詩人の詩とともに―

展示詳細http://www.yamasa.com/musee/guminami.html

開催期間:2011年1月8日(土)~3月21日(土)
会場ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

*住所:東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7  こちらをご参照ください。

*開館時間
 11:00 ~ 17:00(最終入館16:30。土日祝は10:00 開館。)

*休館日
 (1/10、3/21 は開館)、1/11、2/20
 ※2/20(日)はイベントの為、終日休館いたします(cafe もお休み)。

*入館料()内は20名以上の団体料金
 大人:600円(500円)
 大学生・高校生:400円(300円)
 中学生・小学生:200円(150円)

企画イベント
詩の朗読 「南桂子と3 人の詩人 ― 2 月のなみおと」
出演:谷川俊太郎、蜂飼耳、文月悠光

日時: 2010 年2 月20 日(日)
朗読14:00-15:00 /お茶会15:00-16:00
この展覧会にご協力いただいた3 人の詩人をお招きします。展示空間の中で、
作品と詩の共鳴をたっぷりとお楽しみください。朗読の後はささやかなお茶会を開催いたします。

参加費:2700 円(入館料、詩の掲載された展覧会カタログ代、ドリンク・お菓子代含)
定員:50 名  申込: 1 月9 日11:00 より
電話03-3665-0251にて受付開始(先着順)

ボヌール

南 桂子 / リトルモア


ユニセフのカードの絵で有名な銅版画家、南桂子氏(1911~2004)の作品展です。
私は美術館のカタログから、気に入った作品を3つ選び、
作品から得たインスピレーションを手掛かりに詩を書きました。
2月20日には、出品者の谷川俊太郎氏、蜂飼耳氏と共に朗読会に出演いたします。
詩掲載の展示カタログの販売もございますので、
皆さまお誘い合わせの上、ぜひお越しください。

***

詩と思想 2011年 02月号 [雑誌]

土曜美術社出版販売


現在発売中の「詩と思想」1・2月合併号の企画
<2010 ベスト・コレクション>にて、
拙詩「狐女子高生」が掲載されました。


また、特集<二〇一〇年度・回顧と展望>のアンケートにて、宮城隆尋氏が
拙詩集『適切な世界の適切ならざる私』の
中原中也賞受賞について触れてくださいました。


「この詩人は強く、若いうちに光を浴びても折れそうにないので、
受賞は日本の詩全体のためになると思う」

というお言葉に救われたような心地がしました。ありがとうございます。
同時に、いろいろと考えさせられました。
受賞に対して、このようなお声を耳にする機会はあまりなく、
だからといって、「ありがたいありがたい」と甘受すべきでもないでしょう
(きっと誰もそんなことは望んでいません。
私自身が折れるか折れないかなんて、本当はどうでもいい話です)。
詩壇のために、などという意識は、無いほうが健全なのかもしれません。

***

「現代詩手帖」と韓国の季刊文芸誌「世界の文学」間での
日韓相互翻訳企画に参加いたしました。

思潮社の高木さんによれば、
毎年日本と韓国の詩人の相互翻訳紹介をする企画を進めているそうで、
今回は「2000年代に登場した詩人」として、日韓それぞれ5人の詩人の作品の翻訳紹介と、
展望の批評掲載を行います。韓国語訳はハン・ソンレ氏が行います。
日本詩人からは、私のほかに
水無田気流氏、蜂飼耳氏、小笠原鳥類氏、岸田将幸氏が参加し、
田野倉康一氏が日本の現代詩に関する文章を寄稿されています。
私は『適切な世界適切ならざる私』の最初に掲載されている
「落花水」を韓国語に訳していただきました。

掲載誌「世界の文学」はこんな感じ……。かなり分厚い文芸誌です。ハングル、読めないよう汗。

d0101676_19222143.jpg


d0101676_1922414.jpg


思潮社の高木さん、訳してくださったハン・ソンレさん、ありがとうございました。

夢うつつ
[PR]
by moonpower0723 | 2011-01-09 19:06 | 詩の仕事

謹賀新年/詩手帖1月号に詩/六本木詩人会に詩アップ。

d0101676_1116687.jpg

額に汗して夢を見ている。

みなさま、遅ればせながら
新年明けましておめでとうございます。
2011年も創作活動ほか、精進していきたいと思います。
宜しくお願いいたします。
今年も沢山の方との素敵な出会いがあるといいな^^
みなさまにとっても、よいお年になりますよう
心よりお祈り申し上げます。


***

現代詩手帖 2011年 01月号 [雑誌]

思潮社


現在発売中の「現代詩手帖」1月号
特集<現代日本詩集2011>に
詩「余白を孵す。」を執筆いたしました。


この詩を書いているときはとにかく調子が悪くて、
粘土のようにこね続けた末、推敲段階で10回以上書き直しました。
私が読むとそのときの泥沼を思い出すので
何とも具合が悪いのですが、
読み手には楽しんでいただける作品になったのでは、と思います^^;

「現代詩手帖」1月号には、他にも多くの書き手の新作が掲載されています。
超豪華ですね(以下、敬称略にて失礼いたします)。
朝吹亮二、天沢退二郎、荒川洋治、安藤元雄、井川博年、池井昌樹、井坂洋子、
石牟礼道子、伊藤比呂美、稲川方人、江代充、岡井隆、小川三郎、粕谷栄市、
岸田将幸、北川透、城戸朱理、金時鐘、小池昌代、佐々木幹郎、白石かずこ、
新川和江、杉山平一、鈴木志郎康、瀬尾育生、高貝弘也、多和田葉子、辻井喬、
鳥居万由実、中江俊夫、長島三芳、中村稔、野村喜和夫、長谷川龍生、蜂飼耳、
平田俊子、平林敏彦、広瀬大志、藤井貞和、水無田気流、牟礼慶子、山田亮太、
吉田文憲、四元康祐、和合亮一、新藤凉子+河津聖恵+三角みづ紀


「現代詩手帖」は大型書店(ジュンク堂や紀伊国屋などの)文芸誌コーナーに並んでいます。
ぜひお手にとってご覧ください。
ネットからのご購入は、思潮社HPからどうぞ!
http://www.shichosha.co.jp/gendaishitecho/item_312.html

***

六本木詩人会ホームページ
詩「黄色い翅」をアップしていただきました。


詩「黄色い翅」は10月12日から24日にかけて、札幌のテンポラリースペースにて行われた展示
<昆テンポラリー展「札幌の昆虫を素材にして」>にて発表した作品を改稿したものです。

こちらからぜひお読みください↓
http://www.roppongi-shijinkai.net/20101228-1938.html

なお、六本木詩人会の文月悠光まとめページはこちらです↓
http://www.roppongi-shijinkai.net/author/fuduki

*12月18日に六本木詩人会代忘年会イベントへお越しくださったみなさま、
 ご出演されたみなさま、ありがとうございました。

 文月はプログラムⅡで、井坂洋子さん、杉本真維子さんとお話しいたしました。
 「詩の対極にあるものは何だと思いますか」という井坂さんの問いかけに
 杉本さんは「株価」、井坂さんご自身は「生活」と答えられました。
 咄嗟に私は「ことば」と口走りました。
 ことばにならない、何らかの光景を指し示すために、
 わざわざ詩というかたちで書いているのだと思います。
 ああでもない、こうでもない、と道を拓いていくうちに
 ことばを回避しながら綴っているような気さえすることがあります。
 そういえば「詩よ、ことばにならないで。」というエッセイを書いたこともありました。
 詩の対極については、イベント終了後の懇親会でも話題にのぼり、
 野村喜和夫さんは「文学」とのことでした(「理由はきかないでください」だそうです笑)。
 みなさまは、詩の対極についてどう思われますか。
[PR]
by moonpower0723 | 2011-01-03 11:54 | 詩の仕事
line

文学少女は詩人をめざす


by moonpower0723
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite