「ほっ」と。キャンペーン

お月さまになりたい。

hudukiyumi.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「現代詩手帖」7月号<特集Ⅰ 文月悠光> 詩、対談、往復書簡ほか掲載。

d0101676_1941419.jpg

わたしをきらいなあなたがほしい。
はないちもんめ。


現代詩手帖 2010年 07月号 [雑誌]

思潮社



「現代詩手帖」7月号の特集Ⅰは
<文月悠光――私から“わたし”へ>です。



<特集Ⅰ 文月悠光――私から“わたし”へ>の全容
(目次より、敬称略)

◎作品
文月悠光「なみだ銃 第15回中原中也賞受賞第一作」

◎往復書簡
吉増剛造+文月悠光「地面の下を叩くように」

◎対談
佐々木敦+文月悠光「「私」という物語の水脈」

◎論考、エッセイ
田野倉康一、栩木伸明、東直子、望月遊馬

作品は巻頭で掲載されました。なんともはや。
往復書簡は、吉増さんのお返事が素晴らしいです。
編集長の亀岡さんもお返事を絶賛されていました。感無量。
評論家の佐々木敦さんと<パロール・ポエティーク>。
安川さんみたいに格好いいことは喋れなかったけれども、
佐々木さんのお力で、ぐんぐん話せました。ぐんぐん。

田野倉康一さん、栩木伸明さん、東直子さん、望月遊馬さん、
御原稿をお寄せくださり、ありがとうございました!

・田野倉さんは〈読み手が傾きそうな点〉を意識した上で
その先へ、裏側へ踏み込んでいく勇気ある論考。
・栩木さんの論考のタイトルは「二人いる『私』」。
詩の中に登場するペルソナが焦点です。
・東さんは小気味良い文体で詩句を引用しながら
拙詩集を解説してくださいました。タイトルは「楕円の胎児」。
(私個人が東直子さんの歌のファンであることをここに記しておきます^^;)
・永遠のお師匠さんである望月さんは、出会いの秘話を綴ってくださいました。
もう時効かな、と思いますので、破天荒なエピソードをみなさんお楽しみください。

以上、文字通りの“文月”号です汗。

7月号はそのほか
ジェローム・ローゼンバーグの特集、
恒例の作品特集・新鋭詩集2010
(浦歌無子、及川俊哉、小野絵里華、カニエ・ナハ、髙木敏次、
髙塚謙太郎、中村剛彦、宮田浩介、八柳李花が執筆。敬称略にて失礼)
暁方ミセイさん、岩尾忍さんが現代詩手帖賞受賞第一作を寄せています。
鮎川信夫賞受賞・谷川俊太郎さんと四元康祐さんの対談も掲載されています!

本日から大型書店の文芸誌コーナーに並んでおります。
地方ですと、30日ごろになるかと思います。
ネットから注文もできます→思潮社ホームページ


【うらばなし】
東京に来てから間もない頃に思潮社の亀岡さん(編集長)からお電話をいただきまして

亀岡さん「文月さんの特集をやろうと思うんですよー」
と告げられ思わず絶句。

私「あの、私1冊しか詩集出してないんですけど……」

亀岡さん「受賞後第一作を書いて、佐々木さんと対談していただいて」

私「ああああたししゃべれませんっ。ななにも知らないんでっ(((( ;°Д°))))」

そんなかたちでプルプルと震えながら始まった企画でした笑。
新人の私を取り上げれば、薄っぺらい内容に陥りやすいはず。
亀岡さんもそれを重々承知の上で踏み込んだのだと思います。
いやー、勇断です。はっきり言って禁忌犯してます笑。
私も怖がるのはやめて「絶対面白いものにする!」と心に決め、死ぬ気で取り組みました。
※その期間、精神に狂いが生じました。周囲の方々にはご迷惑をおかけしました。
今のところ、「詩手帖も“現在のひと”を取り上げるようになったのか」
と好意的に受け取ってくださる方が多く、少しだけほっとしています。

7月号、お手に取ってぜひ見ていただきたい!
声を大にして、申し上げます。自信あり。
枯渇気味だった思念(自己顕示欲?)を
掘り当ててしまい、実のところ参っています(笑)。

***

新鋭特集に目を通した感想をごく簡単に(暁方さん、岩尾さんの作品も含め)。。
どの詩を取ってもレベルが高いと思います。
岩尾忍さん、暁方ミセイさん、浦 歌無子さん、小野絵里華さん
高木敏次さん、宮田浩介さん、八柳李花さんが個人的にはよかったです。
特に高木敏次さん、八柳李花さんの作品にはそらおそろしさを覚えました。
また、大野一雄さんの“舞踏”に触れたカニエ・ナハさんのエッセイが、印象に強く残りました。




    ごくんと唾をのむ。
[PR]
by moonpower0723 | 2010-06-28 20:51 | 詩の仕事

わたしのやわらかい部分を波立たせる。ヒフ、と思う。

d0101676_2345286.jpg


骨って虫みたいだ。


  ひ    し  ぶ  り  。

このところ、告知ばかりしていて――何だろう、ここは何だろう?
と、引っ掛かりを覚えていた。
自分のブログで自らの活動を吹聴していることが
ときどき我慢ならなくなる。
けれど、思い出した。 あ、今だ、と。

このなまなましい器を抜け出したくなる瞬間が。

ときおり
「あなたのことなんて、誰も気にしていないよ」
と、誰かの肩をぽんと叩きたくなる。
同時に自分の肩も叩いている。
私らしきものの肩はこわばっている。


            ぎゅっ


でも、この身はいいんだ。よくわかっているんだ。
ばらばらにならないように、噛みしめているんだ。

そんな日々です。どこにも出かけられないけど、かなしくなんてない。
耳をちぎって、食べている。咀嚼している。


現代詩手帖 2010年 05月号 [雑誌]

思潮社



「現代詩手帖」5月号。
ミュージシャンの及川恒平さんの唄と
歌人の糸田ともよさんの歌、
両者の唄と歌の交接について、田中綾さんが書かれていたことがすごく嬉しかった……
という、たったそれだけのことを、私は1ヶ月以上
誰かに言いたくてたまらず、でも、どういうわけか今の今まで堪えていたのだ。
2年前の6月17日、テンポラリースペース(そうだ、そのとき初めて訪ねたのだ)で買った、
ともよさんの歌集『水の列車』。
タバコの匂いはまだするかなあ、と開いて鼻を押し当ててみたがよくわからない。
当然ながら、それは2年の月日を帯びている。

欄干も水の列車となり走るどこを切っても血を噴く詩のごと
「みず」と呼べば水黙り込む一瞬をはにかむようにすり抜ける夏


私のいっとうお気に入り。

言葉だけが先に起きだし私を裏切ってゆく 空いっぱいの冬の蝶


及川さんの唄もいつか聴いてみたい。もちろん、北海道で。

***

ここ1ヵ月ほどで買った古本の写真。

◆5月4日。テーマ:「新刊で買え」
新刊でも買うつもりだった本がたまたま並んでいたので買ってみた4冊。
d0101676_2347314.jpg


◆5月9日。テーマ:「女性詩人」
ジーンがひたすらかっこいい。
d0101676_23493657.jpg


◆5月27日(写真3枚)。テーマ:「殺戮」
二の腕殺戮の冊数。服飾とアイヌ語と悪魔と河合隼雄。
d0101676_23534164.jpg

d0101676_23535789.jpg

とどめの西脇詩論集。クールな装丁。
d0101676_23541424.jpg


◆5月31日。テーマ:「神保町初潜入」
ずっと憧れていた神保町を、とある用件で訪ねて
つい古書店街に足を踏み入れてしまった。
『服装造形論』は乳房の形態分類の図が美しい
(山羊乳房状という名づけ方は何となくシュール)。
「臀部の美感」と題されたページを開いたら最後、閉じることができない。
d0101676_23564044.jpg


◆6月6日。テーマ:「私探しフォント探し」
フォントふぇち。
d0101676_021673.jpg



古本とは違うけれど、

◆『IZUMI,this bad girl. Nobuyoshi Araki+Izumi Suzuki 』
d0101676_095464.jpg


!!


5月10日、ついに買ってしまった。
1割引きになるから学校の生協で注文したのだが、
受け取りの際に戸惑われた。いや、わたしゃ恥ずかしくない。

◆「BURST」2002年12月号 鈴木いづみ特集
ネットオークションで競り落とした。部屋に掲げている。
毎朝、いづみさんと目が合う度に絶頂。
d0101676_0121798.jpg


実は、上記2冊ともビニールのパッケージをはがせないままなのだ。
元はと言えば、写真集の購入日の5月10日が某原稿の締め切り日だったので、
「この原稿をあげるまでは、絶対に開けない!」と誓いを立てたことが起因である。
誓いのおかげか(いづみさんのためなら!)、死ぬ気で乗り切れたのだが
以後、「あげるべき原稿」が連続したため、開けられない状況が現在も続いている。
表紙のまなざしだけをまずは堪能中。
6月中に開けられるとよいのだが、あまり希望は持てない笑。
でも、それはそれで素晴らしいことだ。

タンカ
[PR]
by moonpower0723 | 2010-06-17 00:40 | わたし

「文學界」扉の詩/「詩と思想」掲載/7日ラジオ出演/朝日小学生新聞掲載/7月はおそろしや

d0101676_203282.jpg


この顔は福笑いが得意です。混合物を愛しんでやみません。


てんこ盛りのタイトルで気色悪さを前面に押し出してみました。
こんなに品がないのも、近頃更新できないせいなのですが、それにしても――
ああ御名答!私の頭はいつも混乱しています。というのが正解です。

ばんざあい。

まだです。喜ぶのはまだ……です。
いや、もう遅い。喜ぶにはすでに遅すぎました。
「瞬間」が何秒(……)なのか知らなかったのですか。
具体性に乏しい発想でしたね。ざんねん!


***

6月7日(月)発売の「文學界」7月号の扉ページに
詩「私媒花」を書いています。

書店の文芸誌コーナーでぜひチェックしてみてください。
個人的には山田詠美さんの新作掲載が気になるところです……。
会田誠さんや長島有里枝さん(「背中の記憶」が三島賞候補になりましたね)なども
エッセーを書かれています。というわけで、立ち読みより、購入をお勧めいたします笑。

***

詩と思想 2010年 06月号 [雑誌]

土曜美術社出版販売



「詩と思想」6月号の特集<詩人賞、今年の顔>にて、
中原中也賞受賞者として取り上げていただきました。

詩集『適切な世界の適切ならざる私』から一編「落花水」、
受賞の言葉、顔写真(藤倉翼さん撮影)、プロフィールが掲載されています。
「詩と思想」は大型書店の文芸誌コーナーで取り扱われています。

***

6月7日(月)の朝8時半より
J-WAVE放送の「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO
という番組のトークコーナー<MORNING LOUNGE>に15分程度生出演します。

別所哲也さんをナビゲーターに、毎週月曜日から木曜日の
朝6時から9時まで放送されている若い人向けの情報番組です。
生なので、寝坊に気をつけなければ……。おお怖い。
東京圏内81.3FMです。誰か、記録用に録音してくれないかしら……。

***

5日(土)に朝日小学生新聞に中原中也賞受賞に関して掲載されました。
実物はまだ手に取っていないのですが、小学生向けの記事ということで興味深いです。
ちなみに、昔、朝日小学生新聞の読者でした。
今回取材のために久しぶりに紙面を見せていただき、とても懐かしい気持ちになりました。
私の代に始まったポエムコーナーがまだ存続している!という驚きも笑。
朝日中学生ウィークリーの6月27日号にも、記事が掲載されるそうです。
記者のWさん、ありがとうございます。

***

現代詩手帖 2010年 06月号 [雑誌]

思潮社



月の「現代詩手帖」は
<短詩型新時代――詩はどこに向かうのか>と題した特集で、短歌と俳句を扱い、
各所で話題を呼んでいます。
ゼロ年代の短歌/俳句アンソロジー100選企画が興味深いです。
惹かれたものにしるしをつけながら目を通しました。

月号は小特集をみっつやるそうで、
特集Ⅰがなんと文月悠光(副題が……副題が……!)です。

みなさん、ご購入でも立ち読みでも結構ですので(万引きはだめね)、ぜひお手にとってください。
と、胸を張って申し上げられるよう、いま頑張っています(現在進行形)。
※受賞後第一作が掲載されます。
佐々木敦さんとの対談企画「パロール・ポエティーク」(昨日収録済み)、
吉増剛造さんとの往復書簡(現在進行形)。
そのほか田野倉康一さん、栩木伸朗さん、望月遊馬さん、東直子さんという
錚々たる面々に原稿を寄せていただきます。
でもって、来月は7月号なんだよね。暦の上でも文月号なんです笑。
よろしくお願いします^^;

恒例の新鋭特集も見逃せませんね。
今年の現代詩手帖賞受賞者の暁方ミセイさん、岩尾忍さん、
「遠来」主宰の八柳李花さんなどなど。乞うご期待です。

と、たまには思潮社の宣伝塔(自称)になってみるのでした。
7月はおそろしや 文月おそろしや。6月ものりきりましょう。おしまい。
[PR]
by moonpower0723 | 2010-06-06 00:21 | 詩の仕事

大野一雄さん死去――「石狩の鼻曲り」

d0101676_22215630.jpg

舞踏家・大野一雄さんがお亡くなりになったことを知ったのは、1日の深夜だった。

今年の1月、札幌のテンポラリースペースで見た「石狩の鼻曲り」の映像。
音の一拍一拍、足裏と地面の交接を、かじりつくように「見」つめた。
こちらから「見つめた」はずなのに、いつの間にか、映像に、大野さんに、「奪われ」ていた……。
見終わった後は息だけがこぼれた。ことばも声も、私には無い。
石狩川の水も、風も、空も、皆舞踏だった。役者だった。
私は鮭をねじ込まれる地面の気持ちになった。痛みをもって鮭を弔うのだ。
そして、その日見た森本めぐみさんの絵「なみなみとして、もつ」。
“救われた”心地がした。許されている、と響くように感じた。


  鮭の血と空、その赤に
    私は許されている。




大野さんの舞踏のように、
森本めぐみさんの絵「なみなみとして、もつ」のように
あの石狩川の水平線を掲げて、すっくと立っていたい。



大野一雄さんのご冥福をお祈り申し上げます。

[PR]
by moonpower0723 | 2010-06-03 23:09 | 美術部の人々、札幌アート
line

文学少女は詩人をめざす


by moonpower0723
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite