お月さまになりたい。

hudukiyumi.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ダリ展 ――創造する多面体――

d0101676_13183744.jpg


ダリの描いた月(「雄羊」から)/

昨日、北海道立近代美術館で催されているダリ展に足を運んだ。
さすがに大人気、館内も展示会場も、大変混雑していた。
最初の展示室では見渡す限り、壁がが赤く塗られていたかと思うと、次の部屋ではダリの執筆した原稿が壁いっぱいにひきのばされている、また、万博の写真を展示している場所では黒い傘が天井全体にさかさまにつりさがっていた。
なんとも奇妙だが、現実の世界からダリの世界に足を踏み入れるのはお客さんにとってもかなり勇気がいる。その手助けとしてこの展示方法はかなりよいものだったと思う。

感想。

全体像として、
予想以上だった。
そして、当然感動した。
けれども、絵を見て泣きそうになるだなんて想像もつかなかった。
彼の絵を通して自分の中の何かを見ているような気分になるからか。
彼はとても楽しんで絵を描いていると思う。
遊び心が豊かだ。
そして、それを一生懸命見解しようとする私たちを笑って見ているようにも思えた。

ダリ展に行こうと思った理由だが、
これは中三の夏休みにさかのぼる。
美術の課題でシュールリアリズムについて調べることにした私は、ダリとマグリットの絵画に焦点をあてた。興味のないことに対しては、何もかもほっぽりだしてしまう私だが、美術は違った。
私は書くことや描くことによって超現実の世界に何度か足を踏み入れていた。
ダリの才能に圧倒されたのだ。
私はクレーの絵が大好きだが、ダリの絵はまた違う意味で好きになった。
ダリの絵が好きだ、というのは極端にいえば「親しみを覚える」という意味で好んでいる状態である。
私の世界観にしっくりくるのだ。でも、巨匠ダリの絵に対して私なんぞが「共感する」だのなんだの軽々しくは言ってはいけないかもしれないが。。。
まぁ、お金を払って見に行くつもりだったが、高文連の関係で前売り券をホクホクいただいた。感謝。

d0101676_1319349.jpg


時計が溶けてる…/

時計が溶けているのは「記憶の固執」で有名だけれども、画像の時計は「ヴィーナスの夢」によるものだ。この時計は彼が一番最初に描いたとされる溶けた時計らしい。
面白いことに、ダリはカマンベールチーズから着想を得たらしい。
そのことを知ってから(中三の夏)は、私の中ではカマンベールチーズを見るたび、時計なのであった。

d0101676_131935100.jpg


私の好きな絵「幽霊と幻影」/

今回のダリ展で私が一番気に入った作品である。
この絵を観察した瞬間、感激のあまり泣きそうになった。
ブログの画像はケータイで図録から撮影したものなのでよくわからないかもしれない。
解説では“暗い”と称されているが、私はそうは思えなかった。
私のとらえ方がおかしいのだろうか?さてはて。
ダリ展では、作品のタイトルをみては(例えばこの作品の場合)
「“幽霊”なんてどこにいるのー!?」
と絵の中をくまなく探し回る人をたくさん見かけた。
その行為に意味があるのだろうか?さてはて。

d0101676_13195018.jpg


ボトルをダリがデザインした香水「オー・ド・ルビー・リップス」
(画像は私が買ったペンタイプのもの)


グッズ売り場ではダリの香水が大人気だった。
それというのも、種類は豊富だし、香りもなかなかなのだ。
なにより、ボトルのデザインである。
彼は香水のボトルをデザインする条件としてふたつのことをあげた。
“彼の仕事だとすぐわかるボトルを作ること”、
そして“彼が好んだジャスミンの香り(製作中にも耳につけていたらしい)と
ガラ(ダリの妻)が好きだったバラの香りを基調にするすること”である。
ジャスミンの香りは部屋で焚いたことがあるくらい私も大好きだ。
そして月の力をひきたてる香りともいわれている。
私が愛用しているインカートチャームもジャスミンンが基調となっている。
それはともかく、ダリは「五感の中でも嗅覚は永遠という感覚を最もよく伝える明白な感覚である」と述べている。
というわけで、それにあやかろうと買ってみた。
インカントチャームよりもシンプルな香りである。
ちなみに、売り場は大混雑。押すな押すなの大騒ぎ。
そんな中、香水にくわえて図録と絵葉書を数枚を買った私であった笑。

ダリ展の帰りに古本屋によった。
「詩学」と「現代詩手帖」のバックナンバーを何冊か発掘。
「詩学」は私が生まれた年(1991年)のものである。
昭和生まれの人にとっては平成3年生まれの私は宇宙人に思われているらしいが、
1991年ってついこのあいだなのだろうか?
すくなくとも、溶けてしまうほど醗酵はしていないはずだ。



読んでくださり、ありがとうございます。一読一回クリックしていただければ幸いです。

ブログランキング



にほんブログ村 ポエムブログへ

あなたの拍手でもっともっと頑張ります!
よろしければ一言メッセージにハンドルネームを入力して送信してくださいね。
「もっと送る」をクリックすると画像が変わることがあります。


Thanks画像何回かおしてみると変わります(^人^) 

押してくださいにゃ♪


[PR]
by moonpower0723 | 2007-08-26 13:56 | 美術部の人々、札幌アート

ごちそうさま。

d0101676_2122943.jpg


遠くの本屋に足を運ぶ。
久しぶりに詩集らしい詩集がある詩歌コーナーに行った。
思潮と山田の活字はうつくしくてじわっと味が染み出てくるから好き。

高橋順子さんの「詩集成」に高橋さんのサインが大きくてまぶしい。

平田俊子さんの詩集を立ち読みする。彼女はみせてくれるからいい。
「わかめ」という作品で笑った。

多和田葉子さんはパンチがあるから読んでいると抜け出せなくなってくる。

時間とお金が欲しい。
というよりは、ドラえもんの取り寄せバッグのようなものへ手をつっこんで、
ランダムに詩集をばりばり食したい。
もうどれが主食だか主菜なんだかしらないけど、
私は一編の詩で一杯ご飯が食べれる奴なのです。
一見経済的ですが、そうでもないです。

だって詩集は高いから…………………………。

そんなわけで久しぶりの食事でした。
ごちそうさま。





読んでくださり、ありがとうございます。一読一回クリックしていただければ幸いです。

ブログランキング



にほんブログ村 ポエムブログへ

あなたの拍手でもっともっと頑張ります!
よろしければ一言メッセージにハンドルネームを入力して送信してくださいね。
「もっと送る」をクリックすると画像が変わることがあります。


Thanks画像何回かおしてみると変わります(^人^) 

押してくださいにゃ♪


[PR]
by moonpower0723 | 2007-08-24 15:45 | ひかり

詩誌『月暈』創刊!!\(^◇^)/

d0101676_20391667.jpg


あまりの嬉しさのあまり、今までひた隠しにしていたのですが、
ついに始動しました。。。

なんてったって計画自体は一年以上前からありましたしね。。。
私自身は「やっと」という感じです。
っていっても、遅くなったのは私の高校受験のせいですし、しかも私は印刷から何まで全部お任せしてしまった(←ダメなやつ)。

結局のところとつっこまれそうなので、もったいぶるのはここまでにしておきまする。

同人誌、創刊しました。
ですが、(たぶん)メンバーは変わりませんので、
三人誌とでも呼んでください。

メンバーは
大谷良太さん
望月遊馬さん

……と私(あれ?何か余計な気が)

おふたりとも、御詩集が中原中也賞の候補となり、大変注目されている若手詩人なのです。。。尊敬しています。

詩誌の名前は『月暈』(つきがさ)といいます。 
望月さんと私の月を大谷さんがとなり守っているイメージでしょうか。
名づけ親は大谷さんなので、本意とは違うかもしれません汗。
ちなみに月暈とは月の周りに大きな光の輪が見える現象のこと。
実物は、こちら、くわえてこちらをご覧ください。
この世のものとは思えない、、、神々しい。。。(最近月光中毒なのでほっといてくだされ^^;l

私が夏休み期間で、宿題に追い回されているうちに、
ゆまさんと犬さんが印刷・製本をしてくださいました。。。100部近くも汗汗。
本当にお疲れ様でした。。。
お二人からはしゃぎすぎ、とたしなめられそうな予感がします。
でもいいんです。だって嬉しいんですものー♥

そんなわけで、私の作品「下校」と、
遊馬さんと大谷さんの作品が一作ずつつまっております。
凝縮された6ページです!
ちなみに表紙は私が担当させていただきました。
写真の靴は私が登下校で使用しているローファーです。

住所と本名をメールで送っていただければ、
無料でさしあげます♪


才人のお二方を見習って、私ももっともっと作品を磨いていきたいと思っております。
どうぞ『月暈』をよろしくおねがいいたします。




読んでくださり、ありがとうございます。一読一回クリックしていただければ幸いです。

ブログランキング



にほんブログ村 ポエムブログへ

あなたの拍手でもっともっと頑張ります!
よろしければ一言メッセージにハンドルネームを入力して送信してくださいね。
「もっと送る」をクリックすると画像が変わることがあります。


Thanks画像何回かおしてみると変わります(^人^) 

押してくださいにゃ♪


[PR]
by moonpower0723 | 2007-08-23 20:39 | 詩の仕事

詩人会議新人賞詩選詩集’07「百草百花」に掲載されました。

d0101676_12542138.jpg


首を振ったり、うなずいたりしながら、わたし歩いている。うん、道はまだまだ。

詩人会議新人賞詩選詩集’07「百草百花」に詩作品「戦火」が掲載されました。

ちょうど、詩集ができあがったころ詩ボクなどがたてこんでおりまして、報告が遅れてしまいました。
私自身の参加は二回目となりますが、98年から一年ごとに詩人会議から発刊されているアンソロジー詩集です。
新人賞に応募したのも、賞ではなくアンソロジーに参加できる権限をもらうことが目的でしたので、応募のときとは全くテーマが違う作品を載せました。
詩人会議は反戦をする詩の同人としても有名ですし、どうせのせていただくのなら…と私としては珍しい反戦もの。とはいっても、反戦を前面に押し出した作品ではないです。
また、SATSUKI・Kさん、前回に引き続き今唯ケンタロウさんなど、私の知り合いの詩人さん方も参加なさっております。お手持ちの方、どうぞご覧になってみてくださいね。

去年の詩のピースウェーブで朗読したものを手直ししました。
ピースウェーブといえば、今年もやりますよ^^8月19日です。
詩人会議さんの熱意は今年も熱い★
いまのところ飛び入りはしないつもりですが、見に行くつもりです♪
ただ、方向音痴の私としては、会場に行きつけるかちょっと不安汗。
地図があっても迷ってしまうのはあたりまえ。
何回も行ったことのある場所でもだめ。
とりあえず知らない人についていったこと、多し。
学校でも、移動中にどこを歩いているのかわからなくなり、
クラスメイトに救出されました笑。
ちなみに、そんな音痴ぶりをサイドに貼ってあるバーナーでアピールしています。
方向音痴同盟です。入りたい方どうぞ♥
とにかく、いろんなイベントに足繁く通えば、そんな筋金入りの方向音痴も解消されるでしょう^^;(たぶん)

8月になると、毎年戦争や原爆についてテレビや新聞が報道します。
いままでそれほど興味を持って見ていませんでした。
あるいは、避けていたのかもしれません。。。
中沢啓治さんの漫画「はだしのゲン」(先日、ドラマが放送されましたね)や「チンチン電車の詩」を小学校のとき熱心に読んだ記憶がありましたが、よくわからない“戦争”というものに一種の好奇心を抱いていただけだったのかもしれません。けれども、漠然と「恐ろしいものなんだ」と感じとってはいました。
先日このようなかたちで特集されているのを読みました。
私の年齢では、当然戦争は経験していませんから、いい加減な気持ちで感想などを口にすることはできないのですが、ただ「悲しい」「戦争はだめ」というだけではいけないような気がします。自分なりにそれを作品にこめたつもりだったのですが、いま読み返してみると、まったく至りませんでした。ごめんなさい。
もっと精進しなくてはならない、と改めて自分を奮い立たせるきっかけになったような気がします。
書き手の立場として、“戦争”という「たくさんの人が書いていて」「描きにくい(経験していないから)」テーマから逃げたい気持ちは嘘ではありません。しかし、“戦争”をただのテーマや題材としてではなく、そこから汲み取って“私”というかたちで作品にすることは可能かもしれません。
日本人である限り、“戦争から逃げる”それは無理だと思います。
そして、それが正しい姿なのでしょう。
忘れられてしまっては、いつかまた戦争が起こります。
現に守りぬくべき第9条はすでに危うくなってきているのです。
この前、駅前でチラシを配っているおじさんおばさんを見かけました。
宗教なのでしょうか、反戦団体でしょうか。
チラシには安部総理の似顔絵と、「第9条改正反対!」という文字が大きく印刷されていました。
政治だって、政治家だけのものであるはずがないのです、他人ごとでいてはいけないのです、
国民が選んだ優秀なはずの人材が必ずしも正しい判断をしてくれるとは限りません。
日本が国民ひとりひとりに責任感をもち、互いに支えあう、安心安全な国ではなく、
自分勝手で、中傷したりされたり、他人任せの国になってほしくないと、ただ思うのです。
世の中はこんな簡単ではありません。
企業の思惑、メディアの思惑、政治の思惑、国民の思惑。
食い違いを起こし、せめぎあっているようです。。。


掲載された試作品「戦火」は近いうちにブログにアップします^^
宜しくお願いいたします。




読んでくださり、ありがとうございます。一読一回クリックしていただければ幸いです。

ブログランキング



にほんブログ村 ポエムブログへ

あなたの拍手でもっともっと頑張ります!
よろしければ一言メッセージにハンドルネームを入力して送信してくださいね。
「もっと送る」をクリックすると画像が変わることがあります。


Thanks画像何回かおしてみると変わります(^人^) 

押してくださいにゃ♪


[PR]
by moonpower0723 | 2007-08-13 13:44 | 詩の仕事

「月刊 未詳24」に作品を掲載させていただきました。

d0101676_20535776.jpg


なんとなくネットする気がせず、4日ぶりに、ここにきました。
3日休んだあたりで、ちょっとパソコンが怖くなりました。なんでだろう。

「月刊 未詳24」
2007年8月第5号に
詩作品「涙のあじ」
別冊 未詳24 短歌・俳句・川柳に
短歌作品「春なのに」
が掲載されました。


「月刊 未詳24」とは

オンライン上に在る携帯端末向けの月刊詩誌、 だそうです。
とても面白い試みです。
詳しくはこちら

もともと「月刊 未詳24」の管理人の方々には現代詩フォーラムなどでお世話になることが多く、いままでも何度か参加のお誘いをいただいていたのです。けれども、閲覧させていただきながらも勇気が出ず、なんとなく飛び込めませんでした汗。
今回は、管理人の只野凡人さんに、上記の作品の掲載許可をしていただけないか、と私信をいただいたはこびです。感謝です。

ケータイで気軽に読める詩誌です。
どうぞ、ご覧になってみてくださいね♪




読んでくださり、ありがとうございます。一読一回クリックしていただければ幸いです。

ブログランキング



にほんブログ村 ポエムブログへ

あなたの拍手でもっともっと頑張ります!
よろしければ一言メッセージにハンドルネームを入力して送信してくださいね。
「もっと送る」をクリックすると画像が変わることがあります。


Thanks画像何回かおしてみると変わります(^人^) 

押してくださいにゃ♪


[PR]
by moonpower0723 | 2007-08-10 21:56 | 詩の仕事

黒猫水玉

d0101676_2159517.jpg



姿見を磨いて、三面鏡にールを貼ろう。ケータイのマナーモードを解除したらいけないような気がした。着信を人によって変えるだなんて、いったい誰が思いついたのだろう。私のとなり、誰もいない。身体をめ合わせるようにバルーンスート、キャミソール。それらの水玉水玉水玉水玉…数えていけば、たまらになりたくない私の首にたどりつく。
プラスチックのカチューシャで、黒髪に雪玉が降る。凍っているから、頭も冷やせるでしょう?百均に売ってたんだ、水玉が規則的に配列してるから好き。「スカートの水玉、後ろと前で切れ方が違うよ」父に指されたからかもしれない。




読んでくださり、ありがとうございます。一読一回クリックしていただければ幸いです。

ブログランキング



にほんブログ村 ポエムブログへ

あなたの拍手でもっともっと頑張ります!
よろしければ一言メッセージにハンドルネームを入力して送信してくださいね。
「もっと送る」をクリックすると画像が変わることがあります。


Thanks画像何回かおしてみると変わります(^人^) 

押してくださいにゃ♪


[PR]
by moonpower0723 | 2007-08-05 21:59 | わたし

黒猫high



シュッ。



馬鹿にすんじゃねえや。何事にも感謝、果てしない祈り、届けとどけと
手を合わせる裏側がぬめってきてるぜシュッ、ほら見ろ!さぁ、ぬぐっ
てみなよ。己から、そのぬめりをぬぐいさってみな。そこから顔を出し
たものへ「highこんにちは」するんだ。よく耳をすませろ。感謝とは偽善
ではなかったか、祈りとは自惚れではなかったか。そう問いかけ、苦し
む過程で、あんたがどうなるなんて、説きたくないね。私は哲学者なん
かじゃない。

[PR]
by moonpower0723 | 2007-08-03 20:38 | わたし

黒猫



にゃああ。


邪魔な前髪ばっち切って、あっちむいたらこっちむいてにゃあ!
果てしなく深い、私の中をのぞいてごらん、落ちないように気を
つけなね。後ろから蹴ってやるよ、ほら!

[PR]
by moonpower0723 | 2007-08-02 21:28 | わたし
line

文学少女は詩人をめざす


by moonpower0723
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite