図書新聞とオニと虚無

d0101676_204455.jpg

日は、高校が推薦入試でお休みだった。頑張れ高校受験生。

2月7日号の「図書新聞」で、
批評家・飯吉光夫さんに個人誌「月光」創刊号や、
現代詩手帖の年鑑に載せてもらった詩「花火」(創刊号収載)が少し触れてもらえた。

吉さんは年鑑の<本年度、印象にのこった詩>アンケートで、
私の詩「黒髪」(今となると恥ずかしい受賞後一作)を取り上げてくださったので
「『月光』読んでくださるかも」と調子にのって、
お礼のお手紙と一緒に送りつけてしまったのだが。。。
飯吉さんが図書新聞に連載で文章を書かれているとは、知らなかった。
図書新聞には直でも送っているのだけれど、
思わぬルートで取り上げてもらえて、びっくり。もちろん嬉しい。

飯吉さんの文章はこちらでご覧ください。

れにしても、図書新聞には、蜂飼耳さんの不思議な批評文も連載されているし、
WEB限定で、杉本真維子さんのエッセイも連載中だし、
2月7日号は、東京ポエトリー・フェスティバル2008に関しての記事が大きくでている。
もしかして編集の方の中に、「現代詩手帖」や詩が好きな方がいらっしゃるのかしら。。。
と、少し思いをめぐらせました。面白そうだ。毎週チェックしようかな。
書店で新聞らしきものを立ち読み(コラ)している女子高生がいても、
競馬にはまっているんだな、と納得してその場を去るべし。

日今日、と連休だったけれども、明日から模試なので、かなり落ち着かなかった。
落ち着きが無いだけで、勉強できないのが私のいつものパターンなのだけれど。。
それでも昨日は髪を切ってきた。
前髪の切り方がいつも(同じ人に切ってもらっている)より雑だっただけで
「美容師さんと無駄におしゃべりするな!」と勘ぐられて、母には怒られる。
いいじゃないかよう~。でも、最近美容師(男)さんから“オニ”とか形容されるよ。いやだねぇ。

曜日は、キャトレールで青山七恵、その勢いで家でよしもとばななを、それぞれ一冊一気読みした。たまに、ものすごく軽くて健全な小説が読みたくなることがある。
達した結論:世の中にああいう本は必要だ。

が久しぶりに友達とお食事会に行くことになったので、今日は一日家に居て祖母を見ていることになった。
見ている、と言ってもあまりできることがない。ともかく私ひとりのときになにか粗相がなくてよかった。ほっとしたけれど、祖母は頭が良いので、母が帰宅してからきちんと現実に引き戻してくれる。本当に頭がいい。
祖母のことは、
世の中に蔓延している「呆けた年寄り」のイメージとして批評してもらいたくない。
というのは、父が一番それをやりたがるので。
祖母を赤ん坊にたとえて、
「みんなに甘えたいんだぁ、ひとりじめしたいんだあ」
「赤ちゃんにもどっちゃってるんだから、みんなもっと優しくしてあげなくちゃあ」
という言葉には思わず嫌悪を覚えてしまう。
現実を批評したって救いにはならないことの方が多いと思う。
もう何年も前から我慢していたけれど、ついに言ってやったぞ!笑
あまりに凄いものを目の当たりにしたとき、
私たちは「すごーい」なんて空しい形容はしないものだろう。
まぁ父に当たったところで仕方が無い。祖母も父も「そういう人」なのだと考えよう。
反抗期を脱したせいか、一種の諦めなのか、だんだん家族が好きになってきた。
だって、人間なんだもん。私の家にいるのは少なくとも人間だから。
学校に居る人はよくわからないな。あれは日常の風景のようだ。

いものを読みたい症候群なのか、愛しの山田詠美を読んでいて
AMYはAMYでも、「ぼくは勉強ができない」を再読。
“みんな読んでいる本”が苦手(ヘタすると読まず嫌い)な私だけれど、
こういう本はスイスイ読めて、読書の楽しさが倍増する。
“虚無”なんて言葉は、幸福な人しか使えない、という話に思い当たる節あり。

――虚無ね……
使うことあるけれど、私の中では「何かだるい」、と同意義かも。

が自分の“悩み”に一番敏感だったのは10歳のころで
(センチメンタルとか、空虚とかいう言葉にあこがれていた)、
ここ2、3年は、埋め立てられたように悩んだ記憶がない。
“悩み”が無くなったわけではなくて、あったのだろうけれど、
「あなたの悩みは何ですか」と聞かれて、とっさに口に出来るようなものは無くなった。
皮肉でも冗談でもなく、私ははたから見て幸福だと思うから。
悩んでいる=不幸 というよりも、むしろ 悩んでいる=幸福 でしょ。
自分が「悩んでる」って意識した瞬間はすごく気持ちがいい。
最近、それをまったく体験していない。それが私の悩みといえば悩みかなあ笑。



読んでくださり、ありがとうございます。

  にほんブログ村 ポエムブログへ
ランキングはこちらをクリック!

あなたの拍手でもっともっと頑張ります!
一言メッセージ欄、いつも楽しく拝見しています。
「もっと送る」をクリックすると画像が変わることがあります。

押してくださいにゃ♪

[PR]
by moonpower0723 | 2009-02-12 21:45 | 詩の仕事

文学少女は詩人をめざす


by moonpower0723