変化は流れていくもの、そして書くことは変換行為。

d0101676_2142326.jpg


雲が流れていかなくて、
苛立っているときはおそらく
自分が立ち止まっているせいだと思う。
苛立ちだってせっかく生まれてきたんだから
立ち止まっている足に
ぶつけられた方がまだ救われるだろう。


私の学校の放送局が大会のラジオドキュメント部門で
私のことを取り上げてくれるみたいです。
そんな大事な大会なのに題材が私なんかでいいの?
と何度も諭そうと試みましたが
目を覚ましませんでした。
でも私の話に、真剣に耳をかたむけてくれて、とても嬉しかったです。
(彼らは詩のボクシング側の活動についてのみ、私のことを知っているようです)

取材と聞き、当初は大会用ではなく、学校で放送されるのかと勘違いした私は
うまく応じられるかどぎまぎして、
「待ち受け画像のポエムも私は詩だと思います!」
と大ボラをふかざるをえないだろう、とか
「先生にすすめられて、むりやり出場させられたの!」
と主張してみようとか
(実際はあまり賛成されてなかったのを、私が押し切った笑)
とにかく、どれくらい本当のことを言おうか考えていました。

けれども、あくまで放送に対して真っ直ぐな彼らを見て
偽ろうとしていた自分が阿呆だったと思い、
初取材だった一昨日、なるべく真意を話しました。

そのとき、彼らにこんなことを問われました。
「書くようになって、
今までの自分と変わったことは?」


頭の中でもう一度ゆっくりと唱えました。

「書くようになって、
今までの自分と変わったことは?」


ところが今から思い返してもその質問がわからない。
どうしても
書くようになって、
ということばでひっかかってしまうのです。
私が童話のようなものを書くようになったのは小学校2年生のとき。
それ以前(幼稚園くらい)にも、絵本のようなものは書いていました。
では、何も書いていなかった頃の私は何だったのかというと、例の3歳児シリーズ(詩のテーマとして。勝手に命名)になりはててしまう、記憶に住むただの他人でしかないのでした。
作家を目指して、賞に応募する、日記をつける等の具体的な行動をとるようになったり
詩を書くようになったのは、小学校4年生くらいから。
確か、小学校高学年から中学一年生にかけて、おそらく一番本を読んでいて、
二週間で10冊とか、多いときは15冊くらい読んでました。
けれども、ことばは読むものというより、書くものであるという観念が
そのころからあったと思います。

結局、つまった結果
「常に書いていたから、変わったかどうかはわからない」
という妙な回答になってしまいました。

書いていなかったときと書くようになってからを比べるのではなく、
書き始めたころと、今を比べてみると
周りの反応が明らかに変わっているのは確かです。
(あたたかいまなざしから、冷たい視線に。
甘い御世辞の嵐から、あらゆる道への指南の指先)

けれども、私の行為自体はあまり変わっていません。
昔から、書くことに熱中していると時間を忘れてしまいます。
鉛筆ダコから血が出ても、熱で涙や汗が滴っても
白い紙はそれらを、ことばと共に吸いとってくれました。

しかし、行為は同じであっても、
8歳の私と16歳の私の意識は違っているのです。
もっと何かを追求したいと思っている。
もっと作品に価値を与えたいと思っている。
このままではいけないと、常に走っている。
飢えている。(もっと、もっと、線路から外れたところへ!
私よりもずっと
高みに立つ人たちがたくさんいるのがわかる。
見下ろされると、
生意気にも悔しいと思う。

昔と今、違わなくてはなりません。
例えそれが他の人から見て悲しいことであっても
何より必要なことだから、自分に課します。
愚かなことに
私はそれら全ての苦しみを、快いと感じてしまうらしいのです。
そして、もはや「書いている」という意識がありませんでした。
何かに感じ入れば、かりたてられれば、すぐさまペンを走らせる。
形容できないものを身体へ、身体からことばへ、ことばから作品へ
変換する。
そのように私は出来ているのです。
たとえ死をもってしても
その変換行為を止めさせることが可能なのか
私自身疑います。

変化かどうかはわからないけれど、
書けば書くほど、私はことばが好きになる。
ことばから離れられなくなる。
ことばも私からきっと離れてはくれない。
それは絶対の関係。
でも、いつまでたっても
書くことに安心なんてできない。
気を緩ませたら、あっという間に
落ちていくんだ。


だから、変化など恐れずに
ただ書くことを
続けていくしかないの。






読んでくださり、ありがとうございます。一読一回クリックしていただければ幸いです。





にほんブログ村 ポエムブログへ

あなたの拍手でもっともっと頑張ります!
よろしければ一言メッセージ欄にHNとコメントを入力して、送信してしてください。いつも楽しく拝見しています。
「もっと送る」をクリックすると画像が変わることがあります。


Thanks画像何回かおしてみると変わります(^人^) 

押してくださいにゃ♪


[PR]
by moonpower0723 | 2008-02-08 21:23 | 詩の仕事

文学少女は詩人をめざす


by moonpower0723