お月さまになりたい。

hudukiyumi.exblog.jp ブログトップ

詩手帖に伊藤比呂美シンポ/中原中也の会/群像・すばる10月号にエッセイ/女詩会/ねこま・遠来に詩

d0101676_0444988.jpg

背を丸めて生きることに、足あとを残さないで
ゆっくりと、息を吐く。



「現代詩手帖」7月号にシンポジウム
「伊藤比呂美を大いに語る」の内容が掲載されています。


現代詩手帖 2011年 09月号 [雑誌]

思潮社



掲載されているのは、7月30日西荻窪・葉月ホールハウスで行われたイベント
「伊藤比呂美を大いに語る」第一部のシンポジウム
(新井高子+田中庸介+水無田気流+蜂飼耳+文月悠光)を再構成したものです。

***

「群像」10月号(9月7日発売)に
エッセイ「朗読少女」を執筆しました。


群像 2011年 10月号 [雑誌]

講談社


「群像」への初寄稿なので、どきどきしながらしたためました。
路上朗読の活動をしていた頃のことなど。
どうしたら祖父江慎さん装丁の目次に映えるかなあ、と思案して、このタイトルです。

***

「すばる」10月号(9月6日発売)に
エッセイ「遊び恐怖症」を執筆しました。


すばる 2011年 10月号 [雑誌]

集英社


かわいくない私の子ども時代について書きました。
遊ぶことが大好きなのに、どうしてか「遊び」が怖かった、なぜ恐れたのか、そんなこと。

***

9月17日、中原中也の会第16回大会イベントに出演します。

○第16回大会
テーマ 「中原中也と演劇性」
日  時 2011年9月17日(土) 午後1時~
会  場 ホテルニュータナカ(山口市湯田温泉)
整理費 500円(当日受付にてお支払いください)
(フライヤー[PDF])

12:30  受付開始
13:00  開会
13:05  詩の朗読とトークセッション
      「いま詩の力を、中原中也の彼方へ」
          出演:アーサー・ビナード(第6回中原中也賞受賞詩人)
              三角みづ紀(第10回中原中也賞受賞詩人)
              文月悠光(第15回中原中也賞受賞詩人)
          司会:佐々木幹郎(詩人)
15:15  特別公演 高橋竹山(津軽三味線奏者)
16:10  講演「中也を追った青春」    
          講師:唐十郎(作家-劇作家)
 総合司会:加藤邦彦(梅光学院大学准教授)
17:30  総会 [会員のみ]
18:15  懇親会(会費 5,000円) 
詳細

山口を訪ねるのは、昨年4月の受賞式から数えて一年ぶりです。
アーサー・ビナードさん、三角さんとお話しできるのが、とても楽しみ。

***

ことばのポトラック vol.4
詩の朗読会「女詩会」 に出演いたします。

女子会ならぬ女詩会です。
世代様々な女性の書き手が集います。

日時 2011年9月25日 (日)  11:30 open 13:00 start
場所 サラヴァ東京(@渋谷)
料金 3,000円(ブランチ付)【完全予約制】

新川和江さんの詩にあるように、誰だって束ねられたくはありません。「女」という括りが最初浮上したとき、誰もが「今更?」と思ったのでした。しかし一方で、私たちの胸には、ここ何年も、もう死んでしまった女のひとたちの「声」が溜まり続けていました。ここにいるひと、いないひと。 一人の地声、群れの地声。詩のなかから現れる「誰か」の声。(企画:平田俊子&小池昌代)

出演者:稲葉真弓 大竹昭子 平田俊子 小池昌代 ミーヨン  唐作桂子 文月悠光

→ご予約・詳細はこちらのページへ。

***

同人詩誌「ねこま」2号に
詩「寄り添いながら、間違え合うことA/B」を寄稿しました。


創刊号に引き続き、手のひらサイズの小さな冊子ができました。

*執筆者

暁方ミセイ
そらしといろ
木葉揺ブリングル
井上法子
久石ソナ
文月悠光
萩野なつみ

私は、短い詩を2篇連作で寄せました。

無料でお配りしています。
ご希望の方は、ご注文の旨と送付先を、
ty_iz_sa@yahoo.co.jp(代表:久石)へお送りください。
(部数に限りがありますので、お早めに!)

***

同人詩誌「遠来」遠来vol.3に「今日の渇き」を寄稿しました。

*執筆者

 池野絢子
 奥津ゆかり
 文月悠光
 簑田伶子
 小林坩堝
 八柳李花(責任編集)
 16ページ/2011.08.06出版
 
無料でお配りしています。
ご希望の方は、ご注文の旨と送付先を、
jeusupreme@hotmail.co.jp(代表:八柳)ご住所をお送りください。
メール便にて発送します。






9月5日の朝、ソウルへ飛びます。
向こうで、アジアの詩祭があるそうです。
日本からは、野村喜和夫さん、田原さんと(なぜか)私が参加。
大先輩に囲まれて緊張しますが、
5泊6日、しっかり吸収していきたいと思います。
とはいえ、初めての海外ですから、はしゃぎたい気持ちもありますねえ正直。
他国の詩人が、どのように書き、どのような思いで詩人として活動されているのか、
とても興味があります。
たくさんお話を聞けたらいいなあ(言葉はわかりませんが笑)。

それではそれでは。
[PR]
by moonpower0723 | 2011-09-05 01:00 | 詩の仕事
line

文学少女は詩人をめざす


by moonpower0723
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite