Pad Magazine CELLに詩/「すばる」に『雪の練習生』書評/「詩の発見」に詩/「LOVE is... LIFE is...」展

d0101676_2316243.jpg

わたしという背をこえていく、 よ ろ こ び 。


◎iPad向けデジタルマガジン
「Pad Magazine CELL」Vol. 1 (制作・販売 大伸社)に
詩「私の毒に、うなずいてください」を執筆しました。


d0101676_23213561.jpg

「Pad Magazine CELL」はファッションやアート、食、音楽を
独自の視点でとらえていく新しい電子書籍雑誌です。
Vol. 0に引き続き、詩を書かせていただきました。
今回掲載された詩は、昨年の夏頃に執筆したもので、
東京に出てきたばかりの時期の戸惑いが滲んでいる作品だと
(読み返して)思いました。
CINEMAやMUSIC、ARTと並んで、POETRYのページがあること。
一冊の中で、詩がどのように作用していくのか、とてもどきどきします。

「Pad Magazine CELL」Vol. 1はApp Storeにて、350円でダウンロードできます。
ご購入・詳細はこちらへどうぞ。

「すばる」5月号
多和田葉子著『雪の練習生』書評を執筆いたしました。


すばる 2011年 05月号 [雑誌]

集英社



雪の練習生

多和田 葉子 / 新潮社


実は、書評で小説を扱うのは初めてのことです(〈読書日録〉の連載を除き……)。
中学生のときに「かかとを失くして」(『三人関係』収載)に魅了されて以来、
多和田さんの文章が醸し出す独特の雰囲気も、
言語を壁を越えて活動される多和田さんのご姿勢も、私は大好きです。
昨年秋、多和田さんが早稲田大学にて
ピアニスト・高瀬アキさん行われたワークショップは、
声を使ったり、手を叩いたり、指揮をとってみたり……
言葉が“音”として身体に響いてくるような、刺激的なものでした。
思い入れが強いこともあり、
書評のご依頼には、嬉しい気持ちと共に不安も感じましたが、
『雪の練習生』の不思議な魅力に助けられて、無事かたちになりました^^
「書くこと」について、深く考えさせられる小説です。
三世代のシロクマたちと、シロクマに関わる人間たちの気高い生涯が描かれています。

同号の管啓次郎さんと、野崎歓さんの対談に
とくべつ元気をいただきました。

「別冊・詩の発見」第10号(澪標 刊)に
詩「片手の行方」を執筆いたしました。


高校一年生のときに書いた詩を下敷きに、
今の目線から過去を振り返ったような作品です。

同号には、北爪満喜さん、三角みづ紀さん、神尾和寿さん、
細見和之さん、髙木敏次さん、松尾真由美さん、高階紀一さん、
渡辺めぐみさん、犬飼愛生さんなども、詩作品を寄せていらっしゃいます。
編集長の山田兼士さん、お世話になりました。

目次などの詳細はこちらのページへどうぞ。
購読の申し込みは「澪標」miotsukushi@s9.dion.ne.jpにお願いいたします。

SLOPE GALLERYにて開催の
「LOVE is... LIFE is...」展に参加いたします。


d0101676_017535.jpg

「LOVE is... LIFE is...」をテーマに、
様々なジャンルのクリエーターが作品を出展いたしました。
それぞれの分野を越えて、とのことですが、大御所のお名前も多いですね^^;
展示作品は全て購入可能です。
売上げの一部は、日本赤十字社を通じて被災地の復興支援に寄付いたします。

■期間  4/20.wed~5/10.tue(土、日、祝、5/2はお休み)

■場所  SLOPE GALLERY
2-9-1-B1 Sendagaya, Shibuya-ku, Tokyo →MAP
Tel : 03-3405-0604 /
Email : slopegallery@buenobooks.com
Open : 13:00〜19:00
Closed : Saturday , Sunday , Holiday

参加者(敬称略・順不同)
横山泰介、芝田満之、松田大児、豊田弘治、小林昭、櫛本喜彦、田中友規、ニール・ハートマン、広川泰士、本間日呂志、腰塚光晃、田中勇輝、文月悠光、佐藤卓、半沢健、吉田洋平、戸倉康守、丸山正、平尾香、ブルース・オズボーン、大村克巳、菊池崇、海原修平、岸俊一、坂田英一郎、中村竜、雷、向圭一郎


私は……
眺めたり
脱がせたり
読んだり、着せたりして
遊べる作品を出品しています(「そのまま」すぎる説明←)。
高校を卒業する時期に、過去の自分を弔うような気持ちで作った作品です
(今回の展示のために、こっそりまた手を加えました) 。一応購入できます笑。
皆さまお誘い合わせの上、ぜひお越しください。
ごめんなさい。ゴールデンウィークほか、土日祝、5/2は休廊しております。

*また、展示と連動して各ジャンルの表現者の方々によるトークセッションを行います。
このセッションは、USTREAMを通して配信予定です。
http://www.ustream.tv/channel/love-is-life-is




ちょうど1ヶ月札幌に滞在していました。

19日の昼に、東京へ戻ります。

むこうは夏並みに暑い(日もある)のだとか。
夏生まれで、夏好きな私も、
昨年は、はじめて体験する東京の真夏にぐったりでした汗。
梅雨の湿気にも辟易しました。
北海道には存在しないものなので……。
梅雨って一週間くらいで、パラパラッと終わるものだと思っていたんです。
本当に甘く見ていました汗。

今年は負けないぞ。


またね、札幌。
[PR]
by moonpower0723 | 2011-04-18 00:38 | 詩の仕事

文学少女は詩人をめざす


by moonpower0723