お月さまになりたい。

hudukiyumi.exblog.jp ブログトップ

「週刊文春」インタビュー/「現代詩手帖」大野一雄さん追悼詩/明日! 小池昌代×サンズイ×文月悠光 朗読

d0101676_11562911.jpg


それは想像にかたくないことだ。
/手足が伸びて地に突き通ること。

8月26日発売の「週刊文春」(9月2日号)にて、インタビューが掲載されました。
「この人のスケジュール表」というページで、
同ページには、写真家の森山大道さん、
俳優の瀬戸康史さんも掲載されています(びびる)。
写真付きで、28日の原宿THC にての朗読会について触れられています。
ありがとうございます。
「週刊文春」はコンビニなどでもチェックできると思いますので、
お心に留めていただければ幸いです。

「現代詩手帖」9月号に大野一雄さん追悼の詩を執筆しました。
タイトルは「神魚」で、“カムイチェプ”とルビを振っています。
カムイチェプとはアイヌ語で「鮭」の意味です。
札幌のテンポラリースペースで拝見した、
「石狩の鼻曲がり」公演のビデオの映像を思い起こしながら、したためました。

現代詩手帖 2010年 09月号 [雑誌]

思潮社


同号は「大野一雄――詩魂、空に舞う。」と題した総力特集を行っており、
吉増剛造さん、大野慶人さん、樋口良澄さんの鼎談を中心に
インタビュー、論考、追悼のエッセイや詩が寄せられています。
表紙は大野さんのお顔のアップに赤い文字が重ねられているデザインです。すてき!

昨日手に取ったばかりで、まだきちんと目を通せていないのですが、
BLDギャラリーにて拝見した鼎談の模様が、
熱気を残したまま誌上掲載されていることがとても嬉しいです。

大野一雄さんという人の像を、その生を、読み手の中に
改めてかたちづくることができる一冊になっているのでは、と思います。

日、8月28日(土)19時~20時半
原宿のTHC(TOKYO HIPSTERS CLUB)の2階ギャラリーにて、
詩人で作家の小池昌代さん
橘上さん、永澤康太さん、吉原洋一さんのユニット「氵(サンズイ)」
朗読とトークのイベントに出演します。


題して、「裸の詩、ビートの夜」。 入場無料、要予約のイベントです!

この朗読イベントは、THC2階ギャラリーにて8月21日から9月5日まで開催される
「THE BEAT GOES ON…Vol.2 -サンフランシスコ ビート ガイド-」展
関連のイベントとして行われます。


ついに明日です!
お席はのこり3席です。
ご予約、お問い合わせはTHC(Tel.03‐5778‐2081)にお願いします。

イベント詳細

∮ ∮ ∮

最近告知ばかりでつまりませんね。
夏休みが長すぎて気が狂いそうな文月でした。

メリーゴーランドのうさぎに乗りたいです。
[PR]
by moonpower0723 | 2010-08-27 12:14 | 詩の仕事
line

文学少女は詩人をめざす


by moonpower0723
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite