【開催中】詩・写真展「蕾と花のあいだ」30日まで、ジュンク堂書店札幌店にて。

d0101676_121388.jpg


素敵なポスターができましたので、再びお知らせいたします。
今月30日までです。

d0101676_1019155.jpg


4月1日、本日より札幌のジュンク堂書店2F喫茶コーナーにて
写真家の杣田美野里さんと、写真と詩の展示を行います。


 詩・写真展 「蕾と花のあいだ」

 写真 杣田美野里 詩 文月悠光

○開催期間 : 4月1日(木)~4月30日(金)

○開催場所 : ジュンク堂書店札幌店2F 喫茶コーナー

○会場にて、限定500部の手作り小冊子(1部200円)を販売しています。

詳細
  
  と  ば  、  つ    み  が  開  く  と  き  。

略歴

杣田美野里(そまだ みのり)
 植物写真家・エッセイスト。
 写真集・礼文花物語シリーズ
 「星のうすゆき草」 「あつもり草の涙」
 フォト・エッセイ「花の島に暮らす」
 (以上、北海道新聞社)
 「利尻・礼文自然観察 ガイド」
 (共著、山と渓谷社)など著書多数。

文月悠光(ふづき ゆみ)
 詩人。
 2009年10月、
 処女詩集『適切な世界の適切ならざる私』
 を思潮社より上梓。
 2010年2月、上記詩集にて
 第15回中原中也賞を受賞


はじめてのコラボレーションです。
礼文島の蕾(と花のあいだ)たちの写真が出揃います。
開花間際に彼女らが口火を切った、そんなことばたち。
札幌を旅立つ前に遂げねばならない儀式のように思い、この展示に取り組みました。
ことば自体が持つ「やわらかさ」「したたかさ」を大事にしながら、写真と合わせていきました。
花開く季節に、みなさまお誘い合せの上、ぜひお越しください。





大学1年生版「健康診断の日」は、
長蛇の列に続くところから始まりました。
怒涛のローテーション。ラッシュらっしゅ!
すべてを終えるのに2時間ほどかかりましたよ。
血圧が見事再検査に。
「大丈夫?起きてる? 今日来たひとのなかで、一番低いわよ。
どこか具合悪いんじゃない?」
血の巡りが悪いのです。ただ、こんなに低いと言われたのは初めて。

上が78、下が43。

断じて、死人じゃない!笑

1年前に比べて1センチ高くなったはずの目線で
街を焼いてきますよ。おほほ。

***

赤い袴の落ち武者がゆらりと道を徘徊し、実家の前に、大きな鹿が頭をもたげていた。
鹿の額のあたりに光が注いでいた。
焦った私は、シューマイのパックが入った電子レンジの中に身を隠そうとして、
つま先をレンジのへりにかける。

今朝見た、おかしな夢。
[PR]
by moonpower0723 | 2010-04-17 12:23 | 詩の仕事

文学少女は詩人をめざす


by moonpower0723