昨日の道新夕刊で狐女子高生が


 ∮

12月24日の北海道新聞夕刊「道内文学<詩>」で
荒木元氏が「月暈」第3号掲載の拙詩「狐女子高生」を取り上げてくださいました。
ありがとうございます。

(以下「」内引用)

「明晰な言葉から繰り出される虚構が、
ひとつの現実の様相を呈して差し出されます。
それが高校生という座標軸と交差するとき
“私”は凶暴なあやかしとなって、私たちの現実に襲いかかります」


おかげさまで、「月暈」第3号の私の手持分は全てなくなりました。さんくす。
[PR]
by moonpower0723 | 2009-12-25 10:28 | 詩の仕事

文学少女は詩人をめざす


by moonpower0723